聖典
    イザヤ書36
    脚注
    Theme

    第36章

    1 ヒゼキヤおうだい十四ねんに、アッスリヤのおうセナケリブがのぼってきて、ユダのすべての堅固けんご町々まちまちった。

    2 アッスリヤのおうはラキシからラブシャケをエルサレムにつかわし、大軍たいぐんひきいてヒゼキヤおうのもとへかせた。ラブシャケはぬのさらしの大路おおじ沿う、うえいけ水道すいどうのかたわらにった。

    3 このときヒルキヤのである宮内卿くないきょうエリアキム、書記官しょきかんセブナおよびアサフのである史官しかんヨアがかれところてきた。

    4 ラブシャケはかれらにった、「ヒゼキヤにいなさい、『大王だいおうアッスリヤのおうはこうおおせられる、あなたがたのみとするものなにか。

    5 口先くちさきだけの言葉ことば戦争せんそうをする計略けいりゃくちからだとかんがえるのか。あなたはいまだれをたよんで、わたしにそむいたのか。

    6 よ、あなたはかのれかけているあしのつえエジプトをたのみとしているが、それはひとりかかるとき、そのひととおす。エジプトのおうパロはすべてたのものにそのようにするのだ。

    7 しかし、あなたがもし「われわれはわれわれのかみしゅたのむ」とわたしにうならば、ヒゼキヤがユダとエルサレムにげて、「あなたがたはこの祭壇さいだんまえ礼拝れいはいしなければならない」とってのぞいたのは、そのかみたかところ祭壇さいだんではなかったのか。

    8 さあ、いまわたしの主君しゅくんアッスリヤのおうとかけをせよ。もしあなたのほうひとがあるならば、わたしはうま二千とうあたえよう。

    9 あなたはエジプトをたのみ、戦車せんしゃ騎兵きへいもとめているが、わたしの主君しゅくん家来けらいのうちのもっとちいさい一隊長たいちょうでさえ、どうして撃退げきたいすることができようか。

    10 わたしがこのくにほろぼすためにのぼってきたのは、しゅゆるしなしでしたことであろうか。しゅはわたしに、このくにのぼって、これをほろぼせとわれたのだ』」。

    11 そのとき、エリアキム、セブナおよびヨアはラブシャケにった、「どうぞ、アラムでしもべたちにはなしてください。わたしたちはそれがわかるからです。城壁じょうへきうえにいるたみいているところで、わたしたちにユダヤの言葉ことばはなさないでください」。

    12 しかしラブシャケはった、「わたしの主君しゅくんは、あなたの主君しゅくんとあなたにだけでなく、城壁じょうへきうえしている人々ひとびとにも、この言葉ことばげるために、わたしをつかわされたのではないか。かれらをも、あなたがたととも自分じぶん糞尿ふんにょうみするにいたらせるためではないか」。

    13 そしてラブシャケはちあがり、ユダヤの言葉ことば大声おおごえばわってった、「大王だいおう、アッスリヤのおう言葉ことばけ。

    14 おうはこうおおせられる、『あなたがたはヒゼキヤにあざむかれてはならない。かれはあなたがたをすくすことはできない。

    15 ヒゼキヤが、しゅかならずわれわれをすくされる。このまちはアッスリヤのおうおちいることはない、とっても、あなたがたはしゅたのみとしてはならない』。

    16 あなたがたはヒゼキヤの言葉ことばいてはならない。アッスリヤのおうはこうおおせられる、『あなたがたは、わたしとぼくして、わたしに降服こうふくせよ。そうすれば、あなたがたはめいめい自分じぶんのぶどうのべ、めいめい自分じぶんのいちじくのべ、めいめい自分じぶん井戸いどみずむことができる。

    17 やがて、わたしがて、あなたがたを一つのくにれてく。それは、あなたがたのくにのように穀物こくもつとぶどうしゅおお、パンとぶどうはたけおおだ。

    18 ヒゼキヤが、しゅはわれわれをすくわれる、とって、あなたがたをまどわすことのないようにをつけよ。もろもろのくに神々かみがみのうち、どのかみがそのくにをアッスリヤのおうからすくったか。

    19 ハマテやアルパデの神々かみがみはどこにいるか。セパルワイムの神々かみがみはどこにいるか。かれらはサマリヤをわたしのからすくしたか。

    20 これらの国々くにぐにのすべての神々かみがみのうちに、だれかそのくにをわたしのからすくしたものがあるか。しゅがどうしてエルサレムをわたしのからすくすことができよう』」。

    21 しかしたみだまってひとことこたえなかった。おうめいじて、「かれこたえてはならない」とっておいたからである。

    22 そのときヒルキヤのである宮内卿くないきょうエリアキム、書記官しょきかんセブナおよびアサフのである史官しかんヨアはころもき、ヒゼキヤのもとにて、ラブシャケの言葉ことばかれげた。