聖典
    イザヤ書65
    脚注
    Theme

    第65章

    1 わたしはわたしをもとめなかったものわれることをよろこび、わたしをたずねなかったものいだされることをよろこんだ。わたしはわがばなかった国民こくみんった、「わたしはここにいる、わたしはここにいる」と。

    2 よからぬみちあゆみ、自分じぶんおもいにしたがうそむけるたみに、わたしはひねもすべてまねいた。

    3 このたみはまのあたりつねにわたしをいからせ、そのなか犠牲ぎせいをささげ、かわらのうえこうをたき、

    4 墓場はかばにすわり、ひそかなところにやどり、ぶたにくらい、にくむべきものの、あつものをそのうつわって、

    5 う、「あなたはそこにって、わたしにちかづいてはならない。わたしはあなたと区別くべつされたものだから」と。これらはわがはなけむり、ひねもすえるである。

    6 よ、このことはわがまえにしるされた、「わたしはだまっていないでむくかえす。そうだ、わたしはかれらのふところに、

    7 かれらの不義ふぎと、かれらの先祖せんぞたちの不義ふぎとをともむくかえす。かれらがやまうえこうをたき、おかうえでわたしをそしったゆえ、わたしはかれらのさきのわざをはかって、そのふところにかえす」としゅわれる。

    8 しゅはこうわれる、「ひとがぶどうのふさのなかに、ぶどうのしるのあるのをるならば、『それをやぶるな、そのなか祝福しゅくふくがあるから』とう。そのようにわたしは、わがしもべらのためにおこなって、ことごとくはほろぼさない。

    9 わたしはヤコブから子孫しそんをいだし、ユダからわが山々やまやまけつぐべきものをいだす。わたしがえらんだものはこれをけつぎ、わがしもべらはそこにむ。

    10 シャロンはひつじれの牧場まきばとなり、アコルのたにうしれのところとなって、わたしをたずもとめたわがたみのものとなる。

    11 しかししゅて、わがせいなるやまわすれ、つくえ禍福かふくかみそなえ、わせたさけって運命うんめいかみにささげるあなたがたよ、

    12 わたしは、あなたがたをつるぎにわたすことにさだめた。あなたがたはみなかがんでほふられる。あなたがたはわたしがんだときにこたえず、わたしがかたったときにかず、わたしのわることをおこない、わたしのこのまなかったことえらんだからだ」。

    13 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、「よ、わがしもべたちはべる、しかし、あなたがたはえる。よ、わがしもべたちはむ、しかし、あなたがたはかわく。よ、わがしもべたちはよろこぶ、しかし、あなたがたはじる。

    14 よ、わがしもべたちはこころたのしみによってうたう、しかし、あなたがたはこころくるしみによってさけび、たましいのなやみによってさけぶ。

    15 あなたがたののこはわがえらんだものには、のろいの文句もんくとなり、しゅなるかみはあなたがたをころされる。しかし、おのれのしもべたちを、ほかのをもってばれる。

    16 それゆえ、にあっておのれのために祝福しゅくふくもとめるものは、真実しんじつかみによっておのれの祝福しゅくふくもとめ、にあってちかものは、真実しんじつかみをさしてちかう。さきのなやみはわすれられて、とわがからかくれうせるからである。

    17 よ、わたしはあたらしいてんと、あたらしいとを創造そうぞうする。さきのことはおぼえられることなく、こころおもおこすことはない。

    18 しかし、あなたがたはわたしの創造そうぞうするものにより、とこしえにたのしみ、よろこびをよ。よ、わたしはエルサレムをつくってよろこびとし、そのたみたのしみとする。

    19 わたしはエルサレムをよろこび、わがたみたのしむ。こえさけこえふたたびそのなかきこえることはない。

    20 わずか数日すうじつぬみどりごと、おのがいのちたさない老人ろうじんとは、もはやそのなかにいない。百さいものも、なおわかものとせられ、百さいものは、のろわれたつみびととされる。

    21 かれらはいえてて、それにみ、ぶどうばたけつくって、そのべる。

    22 かれらがてるところに、ほかのひとまず、かれらがえるものは、ほかのひとべない。わがたみいのちは、いのちのようになり、わがえらんだものは、そののわざをながくたのしむからである。

    23 かれらの勤労きんろうはむだでなく、そのむところのらはわざわいにかからない。かれらはしゅ祝福しゅくふくされたもののすえであって、そのらもかれらとともにおるからである。

    24 かれらがばないさきに、わたしはこたえ、かれらがなおかたっているときに、わたしはく。

    25 おおかみと小羊こひつじとはともらい、ししはうしのようにわらをらい、へびはちりを食物しょくもつとする。かれらはわがせいなるやまのどこでもそこなうことなく、やぶることはない」としゅわれる。