聖典
    イザヤ書28
    脚注
    Theme

    第28章

    1 エフライムのいどれのほこかんむりと、さけにおぼれたものえたたにのかしらにあるしぼみゆくはなうつくしいかざりは、わざわいだ。

    2 よ、しゅはひとりのちからあるつよものっておられる。これはひょうをまじえた暴風ぼうふうのように、やぶり、そこなう暴風雨ぼうふううのように、大水おおみずのあふれみなぎる暴風ぼうふうのように、それをはげしくげうつ。

    3 エフライムのいどれのほこかんむりあしみにじられる。

    4 えたたにのかしらにあるしぼみゆくはなうつくしいかざりは、なつまえじゅくしたはつなりのいちじくのようだ。ひとがこれをると、るやいなや、べてしまう。

    5 その万軍ばんぐんしゅはそのたみのこったもののために、さかえのかんむりとなり、うるわしいかんむりとなられる。

    6 また、さばきのせきするものにはさばきのれいとなり、たたかいをもんまでかえものにはちからとなられる。

    7 しかし、これらもまたさけのゆえによろめき、さけのゆえによろける。祭司さいし預言者よげんしゃとはさけのゆえによろめき、さけのゆえにこころみだれ、さけのゆえによろける。かれらはまぼろしるときにあやまり、さばきをおこなうときにつまづく。

    8 すべての食卓しょくたくいたものち、きよところはない。

    9 かれはだれに知識ちしきおしえようとするのか。だれにおとずれをきあかそうとするのか。ちちをやめ、ぶさをはなれたものにするのだろうか。

    10 それは教訓きょうくん教訓きょうくん教訓きょうくん教訓きょうくん規則きそく規則きそく規則きそく規則きそく。ここにもすこし、そこにもすこおしえるのだ」。

    11 いな、むしろしゅ異国いこくのくちびると、異国いこくしたとをもってこのたみかたられる。

    12 しゅはさきにかれらにわれた、「これが安息あんそくだ、つかれたもの安息あんそくあたえよ。これが休息きゅうそくだ」と。しかしかれらはこうとはしなかった。

    13 それゆえ、しゅ言葉ことばかれらに、教訓きょうくん教訓きょうくん教訓きょうくん教訓きょうくん規則きそく規則きそく規則きそく規則きそく、ここにもすこし、そこにもすこしとなる。これはかれらがって、うしろにたおれ、やぶられ、わなにかけられ、とらえられるためである。

    14 それゆえ、エルサレムにあるこのたみおさめるあざける人々ひとびとよ、しゅ言葉ことばけ。

    15 あなたがたはった、「われわれは契約けいやくをなし、陰府よみ協定きょうていむすんだ。みなぎりあふれるわざわいぎるときにも、それはわれわれにない。われわれはうそをどころとなし、いつわりをもってをかくしたからである」。

    16 それゆえ、しゅなるかみはこうわれる、「よ、わたしはシオンに一つのいしをすえてもといとした。これはこころみをいしかたくすえたたっとすみいしである。『しんずるものはあわてることはない』。

    17 わたしは公平こうへいを、はかりなわとし、正義せいぎを、りとする。ひょうはいつわりのどころほろぼし、みずかくたおす」。

    18 そのときあなたがたがとたてた契約けいやくされ、陰府よみむすんだ協定きょうていおこなわれない。みなぎりあふれるわざわいぎるとき、あなたがたはこれによってたおされる。

    19 それがぎるごとに、あなたがたをとらえる。それはあさあさぎ、ひるよるぎるからだ。このおとずれをきわきまえることは、まったくのおそれである。

    20 とこみじかくてべることができず、かける夜具やぐせまくてをおおうことができないからだ。

    21 しゅはペラジムやまたれたようにちあがり、ギベオンのたにいきどおられたようにいきどおられて、そのおこないをなされる。そのおこないはるいのないものである。またそのわざをなされる。そのわざはことなったものである。

    22 それゆえ、あなたがたはあざけってはならない。さもないと、あなたがたのなわめは、きびしくなる。わたしはしゅなる万軍ばんぐんかみからぜんうえのぞほろびの宣言せんげんいたからである。

    23 あなたがたはみみかたむけて、わがこえくがよい。こころしてわが言葉ことばくがよい。

    24 たねをまくためにたがやものえずたがやすだろうか。かれえずそのをひらき、まぐわをもってつちをならすだろうか。

    25 のおもてをたいらにしたならば、いのんどをまき、クミンをまき、小麦こむぎをうねにえ、大麦おおむぎさだめたところえ、スペルトむぎをそのさかいえないだろうか。

    26 これはかれかみただしく、かれみちびおしえられるからである。

    27 いのんどはむぎこきいたでこかない、クミンはそのうえ車輪しゃりんをころがさない。いのんどをつにはぼうもちい、クミンをつにはさおをもちいる。

    28 ひとはパンようむぎつときくだくだろうか、いな、それがくだけるまでいつまでもつことをしない。うまをもってそのうえ車輪しゃりんかせるとき、それをくだくことをしない。

    29 これもまた万軍ばんぐんしゅからることである。そのはかりごとはおどろくべく、その知恵ちえはすぐれている。