聖典
イザヤ書17
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第17章

1 ダマスコについての託宣たくせんよ、ダマスコはまち姿すがたうしなって、荒塚あらつかとなる。

2 その町々まちまちはとこしえにてられ、家畜かちくれのところとなって、しやすむが、これをおびやかすものはない。

3 エフライムのとりではすたり、ダマスコの主権しゅけんはやみ、スリヤののこれるものは、イスラエルのらの栄光えいこうのようにえうせると万軍ばんぐんしゅわれる。

4 その、ヤコブのさかえはおとろえ、そのえたるにくはやせ、

5 あたかも刈入かりいひとがまだらないむぎあつめ、かいなをもってったあとのように、レパイムのたにひろあつめたあとのようになる。

6 オリブのつとき、二つ三つのをこずえにのこし、あるいは四つ五つをみのりおおえだのこすように、とりのこされるものがあるとイスラエルのかみしゅわれる。

7 その人々ひとびとはそのつくぬしあおぎのぞみ、イスラエルの聖者せいじゃをとめ、

8 おのれののわざである祭壇さいだんあおぎのぞまず、おのれのゆびつくったアシラぞうこう祭壇さいだんとにをとめない。

9 そのかれらの堅固けんご町々まちまちむかしイスラエルのらのゆえにられたヒビびとおよびアモリびとのあとのようにになる。

10 これはあなたがたが自分じぶんすくいかみわすれ、自分じぶんどころなるいわこころにとめなかったからだ。それゆえ、あなたがたはうつくしい植物しょくぶつえ、ことなるかみえだをさし、

11 そのえたにこれを成長せいちょうさせ、そのまいたあさにこれをはなかせても、その収穫しゅうかくかなしみと、いやしがたいくるしみのにとびる。

12 ああ、おおくのたみはなりどよめく、うみのなりどよめくように、かれらはなりどよめく。ああ、もろもろのくにはなりとどろく、大水おおみずのなりとどろくように、かれらはなりとどろく。

13 もろもろのくにおおくのみずのなりとどろくように、なりとどろく。しかし、かみかれらをこらしめられる。かれらはとおくのがれて、かぜられるやまうえのもみがらのように、また暴風ぼうふうにうずくちりのようにいやられる。

14 夕暮ゆうぐれには、よ、おそれがある。まだけないうちにかれらはうせた。これはわれわれをかすめるものくべきぶん、われわれをうばものくべきくじである。