聖典
    イザヤ書58
    脚注
    Theme

    第58章

    1 おおいにばわってこえしむな。あなたのこえをラッパのようにあげ、わがたみにそのとがをげ、ヤコブのいえにそのつみしめせ。

    2 かれらは日々ひびわたしをたずもとめ、おこない、かみのおきてをてない国民くにたみのように、わがみちることをよろこぶ。かれらはただしいさばきをわたしにもとめ、かみちかづくことをよろこぶ。

    3 かれらはう、『われわれが断食だんじきしたのに、なぜ、ごらんにならないのか。われわれがおのれをくるしめたのに、なぜ、ごぞんじないのか』と。よ、あなたがたの断食だんじきには、おのがたのしみをもとめ、そのはたらひとをことごとくしえたげる。

    4 よ、あなたがたの断しょくするのは、ただあらそいと、いさかいのため、またあくのこぶしをもってひとつためだ。きょう、あなたがたのなす断食だんじきは、そのこえうえきこえさせるものではない。

    5 このようなものは、わたしのえら断食だんじきであろうか。ひとがおのれをくるしめるであろうか。そのこうべをあしのようにせ、荒布あらぬのはいとをそのしたくことであろうか。あなたは、これを断食だんじきととなえ、しゅけいれられると、となえるであろうか。

    6 わたしがえらぶところの断食だんじきは、あくのなわをほどき、くびきのひもをき、しえたげられるものはならせ、すべてのくびきをるなどのことではないか。

    7 またえたものに、あなたのパンをあたえ、さすらえるまずしいものを、あなたのいえれ、はだかものて、これをせ、自分じぶん骨肉こつにくかくさないなどのことではないか。

    8 そうすれば、あなたのひかりあかつきのようにあらわれて、あなたは、すみやかにいやされ、あなたのはあなたのまえき、しゅ栄光えいこうはあなたのしんがりとなる。

    9 また、あなたがぶとき、しゅこたえられ、あなたがさけぶとき、『わたしはここにおる』とわれる。もし、あなたのなかからくびきをのぞき、ゆびをさすこと、わることかたることをのぞき、

    10 えたものにあなたのパンをほどこし、くるしむものねがいをらせるならば、あなたのひかりくらきにかがやき、あなたのやみは真昼まひるのようになる。

    11 しゅつねにあなたをみちびき、ものをもってあなたのねがいをらせ、あなたのほねつよくされる。あなたはうるおったそののように、みずえないいずみのようになる。

    12 あなたのらはひさしくれすたれたるところおこし、あなたは代々よよやぶれたもといて、ひとはあなたを『やぶれをつくろもの』とび、『市街しがいつくろってむべきところとなすもの』とぶようになる。

    13 もし安息日あんそくにちにあなたのあしをとどめ、わが聖日せいじつにあなたのたのしみをなさず、安息日あんそくにちよろこびのび、しゅ聖日せいじつたっとぶべきととなえ、これをたっとんで、おのがみちおこなわず、おのがたのしみをもとめず、むなしい言葉ことばかたらないならば、

    14 そのときあなたはしゅによってよろこびを、わたしは、あなたにたかところとおらせ、あなたの先祖せんぞヤコブのぎょうをもって、あなたをやしなう」。これはしゅくちからかたられたものである。