聖典
    イザヤ書11
    脚注
    Theme

    第11章

    1 エッサイのかぶから一つの、そのから一つのわかえだえてむすび、

    2 そのうえしゅれいがとどまる。これは知恵ちえさとりのれい深慮しんりょ才能さいのうれいしゅ知識ちしきしゅおそれるれいである。

    3 かれしゅおそれることをたのしみとし、そのるところによって、さばきをなさず、そのみみくところによって、さだめをなさず、

    4 正義せいぎをもってまずしいものをさばき、公平こうへいをもってくにのうちの柔和にゅうわもののためにさだめをなし、そのくちのむちをもってくにち、そのくちびるのいきをもってしきものころす。

    5 正義せいぎはそのこしおびとなり、忠信ちゅうしんはそのおびとなる。

    6 おおかみは小羊こひつじともにやどり、ひょうはやぎとともし、うしわかじし、えたる家畜かちくともにいて、ちいさいわらべにみちびかれ、

    7 雌牛めうしくまとはものともにし、うしくまともし、ししはうしのようにわらをい、

    8 のみ毒蛇どくへびのほらにたわむれ、乳離ちばなれのをまむしのあなれる。

    9 かれらはわがせいなるやまのどこにおいても、そこなうことなく、やぶることがない。みずうみをおおっているように、しゅ知識ちしきちるからである。

    10 その、エッサイのって、もろもろのたみはたとなり、もろもろのくにびとはこれにたずもとめ、そのかれるところ栄光えいこうがある。

    11 そのしゅふたたべて、そのたみのこれるものをアッスリヤ、エジプト、パテロス、エチオピヤ、エラム、シナル、ハマテおよび海沿うみぞいの国々くにぐにからあがなわれる。

    12 しゅ国々くにぐにのためにはたをあげて、イスラエルのいやられたものあつめ、ユダのらされたもの四方しほうからあつめられる。

    13 エフライムのねたみはうせ、ユダをなやますものたれ、エフライムはユダをねたまず、ユダはエフライムをなやますことはない。

    14 しかしかれらは西にしほうペリシテびとのかたおそいかかり、あいともひがしたみをかすめ、そのをエドムおよびモアブにべ、アンモンの人々ひとびとをおのれにしたがわせる。

    15 しゅはエジプトのうみしたをからし、かわうえってあつかぜかせ、そのかわって七つのかわとなし、くつをぬらさないでわたらせられる。

    16 そのたみのこれるもののためにアッスリヤからの大路おおじがあり、むかしイスラエルがエジプトのくにからのぼってきたときにあったようになる。