聖典
    イザヤ書66
    脚注
    Theme

    第66章

    1 しゅはこうわれる、「てんはわがくらいはわがあしだいである。あなたがたはわたしのためにどんないえてようとするのか。またどんなところがわがやすところとなるのか」。

    2 しゅわれる、「わがはすべてこれらのものつくった。これらのものはことごとくわたしのものである。しかし、わたしがかえりみるひとはこれである。すなわち、へりくだってこころい、わが言葉ことばおそれおののくものである。

    3 うしをほふるものは、またひところもの小羊こひつじ犠牲ぎせいとするものは、またいぬをくびりころものそなものをささげるものは、またぶたをささげるもの乳香にゅうこう記念きねんとしてささげるものは、また偶像ぐうぞうをほめるものである。これはおのがみちえらび、そのこころにくむべきものをたのしむ。

    4 わたしもまたかれらのためになやみをえらび、かれらのおそれるところのものをかれらにのぞませる。これは、わたしがんだときにこたえるものなく、わたしがかたったときにくことをせず、わたしのわることおこない、わたしのこのまなかったことえらんだからである」。

    5 あなたがた、しゅ言葉ことばおそれおののくものよ、しゅ言葉ことばけ、「あなたがたの兄弟きょうだいたちはあなたがたをにくみ、あなたがたをわがのためにしてった、『ねがわくはしゅがその栄光えいこうをあらわしてわれわれにあなたがたのよろこびをさせよ』と。しかしかれらははじける。

    6 けよ、まちからおこさわぎを。みやからきこえるこえを。しゅがそのてき報復ほうふくされるこえを。

    7 シオンはみのくるしみをなすまえみ、そのくるしみのないまえ男子だんしんだ。

    8 だれがこのようなこといたか、だれがこのようなことどもをたか。一つのくには一にちくるしみでうまれるだろうか。一つの国民くにたみはひとときうまれるだろうか。しかし、シオンはみのくるしみをするやいなやそのらをんだ。

    9 わたしが出産しゅっさんのぞませてませないことがあろうか」としゅわれる。「わたしはませるものなのにたいをとざすであろうか」とあなたのかみわれる。

    10 「すべてエルサレムをあいするものよ、彼女かのじょともよろこべ、彼女かのじょのゆえにたのしめ。すべて彼女かのじょのためにかなしむものよ、彼女かのじょともよろこたのしめ。

    11 あなたがたはなぐさめをあたえるエルサレムのぶさからちちってくことができ、またそのゆたかなさかえからんでたのしむことができるからだ」。

    12 しゅはこうわれる、「よ、わたしはかわのように彼女かのじょ繁栄はんえいあたえ、みなぎるながれのように、もろもろのくにとみあたえる。あなたがたはちちみ、こしわれ、ひざのうえであやされる。

    13 ははのそのなぐさめるように、わたしもあなたがたをなぐさめる。あなたがたはエルサレムでなぐさめをる。

    14 あなたがたはて、こころよろこび、あなたがたのほね若草わかくさのようにさかえる。しゅはそのしもべらとともにあり、そのいきどおりはそのてきにむかっていることをる。

    15 よ、しゅなかにあらわれてられる。そのくるまはつむじかぜのようだ。はげしいいかりをもってそのいきどおりをもらし、ほのおをもってめられる。

    16 しゅをもって、またつるぎをもって、すべてのひとにさばきをおこなわれる。しゅころされるものおおい」。

    17 「みずからを聖別せいべつし、みずからをきよめてそのき、そのなかにあるものにしたがい、ぶたにくにくむべきものおよびねずみをものはみなともえうせる」としゅわれる。

    18 「わたしはかれらのわざと、かれらのおもいとをっている。わたしはて、すべての国民こくみんと、もろもろのやからとをあつめる。かれらはて、わが栄光えいこうる。

    19 わたしはかれらのなかに一つのしるしをてて、のがれたものをもろもろのくに、すなわちタルシシ、よくゆみをひくプトおよびルデ、トバル、ヤワン、またわが名声めいせいかず、わが栄光えいこうないとおくの海沿うみぞいの国々くにぐににつかわす。かれらはわが栄光えいこうをもろもろの国民こくみんなかつたえる。

    20 かれらはイスラエルのらがきようつわそなものってしゅみやたずさえてるように、あなたがたの兄弟きょうだいをことごとくもろもろのくになかからうまくるま、かご、騾馬らば、らくだにせて、わがせいなるやまエルサレムにこさせ、しゅそなものとする」としゅわれる。

    21 「わたしはまたかれらのなかからひとえらんで祭司さいしとし、レビびととする」としゅわれる。

    22 「わたしがつくろうとするあたらしいてんと、あたらしいがわたしのまえにながくとどまるように、あなたの子孫しそんと、あなたのはながくとどまる」としゅわれる。

    23 新月しんげつごとに、安息日あんそくにちごとに、すべてのひとはわがまえれいはいする」としゅわれる。

    24 かれらはて、わたしにそむいた人々ひとびとのしかばねをる。そのうじはなず、そのえることがない。かれらはすべてのひとみきらわれる」。