聖典
イザヤ書34
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第34章

1 もろもろのくによ、ちかづいてけ。もろもろのたみよ、みみかたむけよ。とそれにちるもの、世界せかいとそれからるすべてのものよ、け。

2 しゅはすべてのくににむかっていかり、そのすべての軍勢ぐんぜいにむかっていきどおり、かれらをことごとくほろぼし、かれらをわたして、ほふらせられた。

3 かれらはころされてげすてられ、その死体したい悪臭あくしゅうちのぼり、山々やまやまはそのけてながれる。

4 てん万象ばんしょうおとろえ、もろもろのてん巻物まきもののようにかれ、その万象ばんしょうはぶどうのからちるように、いちじくのからちるようにちる。

5 わたしのつるぎはてんにおいていきどおりをもってった。よ、これはエドムのうえにくだり、わたしがほろびにさだめたたみうえにくだって、これをさばく。

6 しゅのつるぎはち、脂肪しぼうえ、小羊こひつじとやぎの雄羊おひつじ腎臓じんぞう脂肪しぼうえている。しゅがボズラで犠牲ぎせいけものをほふり、エドムのおおいにころされたからである。

7 野牛やぎゅうかれらとともにほふりにくだり、うしちからある雄牛おうしともにくだる。そのくにい、そのつち脂肪しぼうやされる。

8 しゅはあだをかえすをもち、シオンのうったえのためにむくいられるとしをもたれるからである。

9 エドムのもろもろのかわかわって樹脂じゅしとなり、そのつちかわって硫黄いおうとなり、そのかわってえる樹脂じゅしとなって、

10 よるひるえず、そのけむりは、とこしえにちのぼる。これは世々よよれすたれて、とこしえまでもそこをとおものはない。

11 たかと、やまあらしとがそこをすみかとし、ふくろうと、からすがそこにむ。しゅはそのうえ荒廃こうはいをきたらせるはかりなわをり、たっと人々ひとびとうえ混乱こんらんおこりをさげられる。

12 人々ひとびとはこれをづけて「くになきところ」といい、そのきみたちはみなうせてなくなる。

13 そのとりでのうえには、いばらがえ、そのしろには、いらくさと、あざみとがえ、山犬やまいぬのすみか、だちょうのおるところとなる。

14 けものはハイエナと出会であい、鬼神きしんはそのともび、よる魔女まじょもそこにりてきて、やすところる。

15 ふくろうはそこにをつくってたまごみ、それをかえして、そのひなをつばさかげあつめる。とびもまた、おのおのそのいとともに、そこにあつまる。

16 あなたがたはしゅしょをつまびらかにたずねて、これをめ。これらのものは一つもけることなく、また一つもそのいをくものはない。これはしゅくちがこれをめいじ、そのれいかれらをあつめられたからである。

17 しゅかれらのためにくじをき、ずからはかりなわをもって、このあたえ、ながかれらに所有しょゆうさせ、世々よよここにまわせられる。