聖典
    イザヤ書1
    脚注
    Theme

    イザヤしょ

    第1章

    1 アモツのイザヤがユダのおうウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤのにユダとエルサレムについてまぼろし

    2 てんよ、け、よ、みみかたむけよ、しゅつぎのようにかたられたから、「わたしはやしなそだてた、しかしかれらはわたしにそむいた。

    3 うしはその飼主かいぬしり、ろばはその主人しゅじんのまぐさおけをる。しかしイスラエルはらず、わがたみさとらない」。

    4 ああ、罪深つみぶかくにびと、不義ふぎたみあくをなすもののすえ、堕落だらくせるらよ。かれらはしゅて、イスラエルの聖者せいじゃをあなどり、これをうとんじとおざかった。

    5 あなたがたは、どうしてかさがさねそむいて、なおもたれようとするのか。そのあたまはことごとくみ、そのこころまったよわりはてている。

    6 あしのうらからあたままで、完全かんぜんなところがなく、きずきず生傷なまきずばかりだ。これをしぼすものなく、つつむものなく、あぶらをもってやわらげるものもない。

    7 あなたがたのくにれすたれ、町々まちまちかれ、田畑たはたのものはあなたがたのまえ外国がいこくじんわれ、ほろぼされたソドムのようにれすたれた。

    8 シオンのむすめはぶどうはたけかり小屋こやのように、きゅうりはたけ番小屋ばんごやのように、包囲ほういされたまちのように、ただひとりのこった。

    9 もし万軍ばんぐんしゅが、われわれにすこしの生存者せいぞんしゃのこされなかったなら、われわれはソドムのようになり、またゴモラとおなじようになったであろう。

    10 あなたがたソドムのつかさたちよ、しゅ言葉ことばけ。あなたがたゴモラのたみよ、われわれのかみおしえみみかたむけよ。

    11 しゅわれる、「あなたがたがささげるおおくの犠牲ぎせいは、わたしになんのえきがあるか。わたしは雄羊おひつじ燔祭はんさいと、えたけもの脂肪しぼうとにいている。わたしは雄牛おうしあるいは小羊こひつじ、あるいはやぎのよろこばない。

    12 あなたがたは、わたしにまみえようとしてるが、だれが、わたしのにわあらすことをもとめたか。

    13 あなたがたは、もはや、むなしいそなものたずさえてきてはならない。薫香くんこうは、わたしのみきらうものだ。新月しんげつ安息日あんそくにち、また会衆かいしゅうあつめること——わたしは不義ふぎせいかいとにえられない。

    14 あなたがたの新月しんげつさだめのまつりとは、わがたましいにくむもの、それはわたしの重荷おもにとなり、わたしは、それをうのにつかれた。

    15 あなたがたがべるとき、わたしはをおおって、あなたがたをない。たといおおくのいのりをささげても、わたしはかない。あなたがたのまみれである。

    16 あなたがたはあらって、きよくなり、わたしのまえからあなたがたのわるおこないをのぞき、あくおこなうことをやめ、

    17 ぜんおこなうことをならい、公平こうへいもとめ、しえたげるものいましめ、みなしごをただしくまもり、寡婦かふうったえを弁護べんごせよ。

    18 しゅわれる、さあ、われわれはたがいろんじよう。たといあなたがたのつみのようであっても、ゆきのようにしろくなるのだ。くれないのようにあかくても、ひつじのようになるのだ。

    19 もし、あなたがたがこころよしたがうなら、ものべることができる。

    20 しかし、あなたがたがこばみそむくならば、つるぎでほろぼされる」。これはしゅがそのくちかたられたことである。

    21 かつては忠信ちゅうしんであったまち、どうして遊女ゆうじょとなったのか。むかし公平こうへいち、正義せいぎがそのうちにやどっていたのに、いまひところものばかりとなってしまった。

    22 あなたのぎんはかすとなり、あなたのぶどうしゅみずをまじえ、

    23 あなたのつかさたちはそむいて、ぬすびとの仲間なかまとなり、みな、まいないをこのみ、おくものもとめ、みなしごをただしくまもらず、寡婦かふうったえはかれらにとどかない。

    24 このゆえに、しゅ万軍ばんぐんしゅ、イスラエルの全能者ぜんのうしゃわれる、「ああ、わたしはわがてきにむかっていきどおりをもらし、わがあだにむかってうらみをはらす。

    25 わたしはまた、わがをあなたにけ、あなたのかすを灰汁あくかすようにかしり、あなたのざりものをすべてのぞく。

    26 こうして、あなたのさばきびとをもとのとおりに、あなたのかんはじめのとおりに回復かいふくする。そののちあなたは正義せいぎみやこ忠信ちゅうしんまちととなえられる」。

    27 シオンは公平こうへいをもってあがなわれ、そのうちのあらためるものは、正義せいぎをもってあがなわれる。

    28 しかし、そむくものつみびととはともほろぼされ、しゅてるものほろびうせる。

    29 あなたがたは、みずからよろこんだかしのによって、はずかしめをけ、みずからえらんだそのによって、あからむ。

    30 あなたがたはれるかしののように、みずのないそののようになり、

    31 つよものあさくずのように、そのわざは火花ひばなのようになり、その二つのものはともえて、それをものはない。