聖典
    イザヤ書35
    脚注
    Theme

    第35章

    1 荒野あらのと、かわいたとはたのしみ、さばくはよろこびてはなき、さふらんのように、

    2 さかんにはなき、かつよろこたのしみ、かつうたう。これにレバノンのさかえがあたえられ、カルメルおよびシャロンのうるわしさがあたえられる。かれらはしゅ栄光えいこう、われわれのかみうるわしさをる。

    3 あなたがたはよわったつよくし、よろめくひざをすこやかにせよ。

    4 こころおののくものえ、「つよくあれ、おそれてはならない。よ、あなたがたのかみ報復ほうふくをもってのぞみ、かみむくいをもってこられる。かみて、あなたがたをすくわれる」と。

    5 そのときしいのひらかれ、みみしいのみみはあけられる。

    6 そのときあしなえは、しかのようにはしり、おしのしたよろこうたう。それは荒野あらのみずがわきいで、さばくにかわながれるからである。

    7 けたすないけとなり、かわいたみずみなもととなり、山犬やまいぬしたすみかは、あし、よしのしげりあうところとなる。

    8 そこに大路おおじがあり、そのみちせいなるみちととなえられる。けがれたものはこれをとおぎることはできない、おろかなるものはそこにまよることはない。

    9 そこには、ししはおらず、えたけものも、そのみちにのぼることはなく、そのところでこれにうことはない。ただ、あがなわれたもののみ、そこをあゆむ。

    10 しゅにあがなわれたものかえってきて、そのあたまに、とこしえのよろこびをいただき、うたうたいつつ、シオンにる。かれらはたのしみとよろこびとをかなしみとなげきとはる。