聖典
    イザヤ書63
    脚注
    Theme

    第63章

    1 「このエドムからもの深紅しんくころもて、ボズラからものはだれか。そのよそおいは、はなやかに、おおいなるちからをもってすすものはだれか」。「をもってかたり、すくいほどこちからあるわたしがそれだ」。

    2 なにゆえあなたのよそおいはあかく、あなたのころもさかぶねをもののようにあかいのか」。

    3 「わたしはひとりでさかぶねをんだ。もろもろのたみのなかに、わたしとことともにするものはなかった。わたしはいかりによってかれらをみ、いきどおりによってかれらをみにじったので、かれらのがわがころもにふりかかり、わがよそおいをことごとくけがした。

    4 報復ほうふくがわがこころのうちにあり、わがあがないのとしたからである。

    5 わたしはたけれども、たすけるものはなく、あやしんだけれども、ささえるものはなかった。それゆえ、わがかいながわたしをたせ、わがいきどおりがわたしをささえた。

    6 わたしはいかりによって、もろもろのたみみにじり、いきどおりによってかれらをわせ、かれらのを、ながれさせた」。

    7 わたしはしゅがわれわれになされたすべてのことによって、しゅのいつくしみと、しゅほまれとをかたげ、また、そのあわれみにより、そのおおくのいつくしみによって、イスラエルのいえほどこされたそのおおいなるめぐみをかたげよう。

    8 しゅわれた、「まことにかれらはわがたみいつわりのないらである」と。そしてしゅかれらの救主すくいぬしとなられた。

    9 かれらのすべてのなやみのとき、しゅなやまれて、そのみまえ使つかいをもってかれらをすくい、そのあいとあわれみとによってかれらをあがない、いにしえの、つねにかれらをもたげ、かれらをたずさえられた。

    10 ところがかれらはそむいてそのせいなるれいうれえさせたので、しゅはひるがえってかれらのてきとなり、みずからかれらとたたかわれた。

    11 そのときたみはいにしえのモーセのおもしてった、「そのれの牧者ぼくしゃを、うみからたずさえあげたものはどこにいるか。かれらのなかせいなるれいをおいたものはどこにいるか。

    12 栄光えいこうのかいなをモーセのみぎかせ、かれらのまえみずを二つにけて、みずから、とこしえのをつくり、

    13 かれらをみちびいて、うまはしるように、つまずくことなくふちとおらせたものはどこにいるか。

    14 たににくだる家畜かちくのように、しゅれいかれらをいこわせられた。このように、あなたはおのれのたみみちびいてみずから栄光えいこうをつくられた」。

    15 どうか、てんからおろし、そのせいなる栄光えいこうあるすみかからごらんください。あなたの熱心ねっしんと、大能たいのうとはどこにありますか。あなたのせつなる同情どうじょうとあわれみとはおさえられて、わたしにあらわれません。

    16 たといアブラハムがわれわれをらず、イスラエルがわれわれをみとめなくても、あなたはわれわれのちちです。しゅよ、あなたはわれわれのちち、いにしえからあなたのはわれわれのあながいぬしです。

    17 しゅよ、なぜ、われわれをあなたのみちからはなまよわせ、われわれのこころをかたくなにして、あなたをおそれないようにされるのですか。どうぞ、あなたのしもべらのために、あなたのぎょうである部族ぶぞくらのために、おかえりください。

    18 あなたのせいなるたみが、あなたの聖所せいじょあいだもないのに、われわれのあだは、それをみにじりました。

    19 われわれはあなたによって、いにしえからおさめられないもののようになり、あなたのをもって、となえられないもののようになりました。