聖典
    イザヤ書7
    脚注
    Theme

    第7章

    1 ユダのおう、ウジヤのヨタム、そのアハズのとき、スリヤのおうレヂンとレマリヤのであるイスラエルのおうペカとがのぼってきて、エルサレムをめたがつことができなかった。

    2 ときに「スリヤがエフライムと同盟どうめいしている」とダビデのいえげるものがあったので、おうこころたみこころとはかぜうごかされるはやしのように動揺どうようした。

    3 そのときしゅはイザヤにわれた、「いま、あなたとあなたのシャル・ヤシュブとともって、ぬのさらしの大路おおじ沿うえいけ水道すいどうはしでアハズにい、

    4 かれいなさい、『をつけて、しずかにし、おそれてはならない。レヂンとスリヤおよびレマリヤのはげしくいかっても、これら二つののこりのくすぶっているかぶのゆえにこころよわくしてはならない。

    5 スリヤはエフライムおよびレマリヤのともにあなたにむかってわることくわだててう、

    6 「われわれはユダにのぼって、これをおびやかし、われわれのためにこれをやぶり、タビエルのをそこのおうにしよう」と。

    7 しゅなるかみはこうわれる、このことけっしておこなわれない、またおこることはない。

    8 スリヤのかしらはダマスコ、ダマスコのかしらはレヂンである。(六十五ねんのうちにエフライムはやぶれて、くにをなさないようになる。)

    9 エフライムのかしらはサマリヤ、サマリヤのかしらはレマリヤのである。もしあなたがたがしんじないならば、つことはできない』」。

    10 しゅふたたびアハズにげてわれた、

    11 「あなたのかみしゅに一つのしるしをもとめよ、陰府よみのようにふかところに、あるいはてんのようにたかところもとめよ」。

    12 しかしアハズはった、「わたしはそれをもとめて、しゅこころみることをいたしません」。

    13 そこでイザヤはった、「ダビデのいえよ、け。あなたがたはひとわずらわすことをちいさいこととし、またわがかみをもわずらわそうとするのか。

    14 それゆえ、しゅはみずから一つのしるしをあなたがたにあたえられる。よ、おとめがみごもっておとこむ。そのはインマヌエルととなえられる。

    15 そのあくて、ぜんえらぶことをるころになって、凝乳ぎょうにゅうと、蜂蜜はちみつとをべる。

    16 それはこのあくて、ぜんえらぶことをまえに、あなたがおそれているふたりのおうてられるからである。

    17 しゅはエフライムがユダからわかれたときからこのかた、のぞんだことのないようなをあなたと、あなたのたみと、あなたのちちいえとにのぞませられる。それはアッスリヤのおうである」。

    18 そのしゅはエジプトの川々かわがわみなもとにいる、はえをまねき、アッスリヤのにいるはちばれる。

    19 かれらはみなて、けわしいたにいわ、すべてのいばら、すべての牧場まきばうえにとどまる。

    20 そのしゅ大川おおかわこうからやとったかみそり、すなわちアッスリヤのおうをもって、あたまあしとをそり、また、ひげをものぞられる。

    21 そのひとわか雌牛めうしとうひつじとうい、

    22 それからちちおおいので、凝乳ぎょうにゅうべることができ、すべてくにのうちにのこされたもの凝乳ぎょうにゅうと、蜂蜜はちみつとをべることができる。

    23 そのぎん一千シケルのあたいある千かぶのぶどうののあったところも、ことごとくいばらと、おどろのえるところとなり、

    24 いばらと、おどろとがにはびこるために、人々ひとびとゆみをもってそこへく。

    25 くわをもってたがやしたすべての山々やまやまにも、あなたは、いばらと、おどろとをおそれて、そこへくことができない。そのはただうしはなち、ひつじむところとなる。