聖典
    イザヤ書64
    脚注
    Theme

    第64章

    1 どうか、あなたがてんいてくだり、あなたのまえ山々やまやまふるうごくように。

    2 柴木しばきやし、みずかすときのごとくくだられるように。そして、みをあなたのあだにあらわし、もろもろのくにをあなたのまえふるえおののかせられるように。

    3 あなたは、われわれが期待きたいしなかったおそるべきことをなされたときくだられたので、山々やまやまふるうごいた。

    4 いにしえからこのかた、あなたのほかかみのぞものに、このようなことおこなわれたかみいたことはなく、みみれたこともなく、たこともない。

    5 あなたはよろこんでおこない、あなたのみちにあって、あなたを記念きねんするものむかえられる。よ、あなたはいかられた、われわれはつみおかした。われわれはひさしくつみのうちにあった。われわれはすくわれるであろうか。

    6 われわれはみなけがれたひとのようになり、われわれのただしいおこないは、ことごとくけがれたころものようである。われわれはみなのようにれ、われわれの不義ふぎかぜのようにわれわれをる。

    7 あなたのものはなく、みずからはげんで、あなたによりすがるものはない。あなたはみかおかくして、われわれをかえりみられず、われわれをおのれの不義ふぎわたされた。

    8 されどしゅよ、あなたはわれわれのちちです。われわれは粘土ねんどであって、あなたは陶器とうきです。われわれはみな、みのわざです。

    9 しゅよ、ひどくおいかりにならぬように、いつまでも不義ふぎをみこころにとめられぬように。どうぞ、われわれをかえりみてください。われわれはみな、あなたのたみです。

    10 あなたのせいなる町々まちまち荒野あらのとなり、シオンは荒野あらのとなり、エルサレムはれすたれた。

    11 われわれの先祖せんぞがあなたをほめたたえたせいなるうるわしいわれわれのみやかれ、われわれがしたったところはことごとくれはてた。

    12 しゅよ、これらのことがあってもなお、あなたはみずからをおさえ、もくして、われわれをいたくくるしめられるのですか。