聖典
イザヤ書42
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第42章

1 わたしの支持しじするわがしもべ、わたしのよろこぶわがえらひとよ。わたしはわがれいかれあたえた。かれはもろもろのくにびとにみちをしめす。

2 かれさけぶことなく、こえをあげることなく、そのこえをちまたにきこえさせず、

3 またきずついたあしることなく、ほのぐらい灯心とうしんすことなく、真実しんじつをもってみちをしめす。

4 かれおとろえず、落胆らくたんせず、ついにみち確立かくりつする。海沿うみぞいの国々くにぐにはそのおしえのぞむ。

5 てん創造そうぞうしてこれをのべ、とそれにしょうずるものをひらき、そのうえたみいきあたえ、そのなかあゆものれいあたえられるしゅなるかみはこうわれる、

6 しゅなるわたしは正義せいぎをもってあなたをした。わたしはあなたのをとり、あなたをまもった。わたしはあなたをたみ契約けいやくとし、もろもろのくにびとのひかりとしてあたえ、

7 盲人もうじんひらき、囚人しゅうじん地下ちか獄屋ごくやからし、くらきにするもの獄屋ごくやからさせる。

8 わたしはしゅである、これがわたしのである。わたしはわが栄光えいこうをほかのものあたえない。また、わがほまれきざんだぞうあたえない。

9 よ、さきに預言よげんしたことおこった。わたしはあたらしいことげよう。そのことがまだおこらないまえに、わたしはまず、あなたがたにらせよう」。

10 しゅにむかってあたらしきうたをうたえ。はてからしゅをほめたたえよ。うみとそのなかちるもの、海沿うみぞいの国々くにぐにとそれにものとはりどよめ。

11 荒野あらのとそのなかのもろもろのまちと、ケダルびとのむもろもろの村里むらざとこえをあげよ。セラのたみよろこびうたえ。やまいただきからばわりさけべ。

12 栄光えいこうしゅし、そのほまれ海沿うみぞいの国々くにぐにかたげよ。

13 しゅ勇士ゆうしのようにき、いくさひとのように熱心ねっしんおこし、ときのこえをあげてばわり、そのてきにむかって大能たいのうをあらわされる。

14 わたしはひさしくこえさず、もくして、おのれをおさえていた。いまわたしはもうとするおんなのようにさけぶ。わたしのいきれ、かつあえぐ。

15 わたしはやまおかとをあらし、すべてのくさらし、もろもろのかわしまとし、もろもろのいけをからす。

16 わたしはしいをかれらのまだらない大路おおじかせ、まだらないみちみちびき、くらきをそのまえひかりとし、高低こうていのあるところたいらにする。わたしはこれらのことをおこなってかれらをてない。

17 きざんだ偶像ぐうぞうたのみ、偶像ぐうぞうにむかって「あなたがたは、われわれのかみである」ともの退しりぞけられて、おおいにはじをかく。

18 みみしいよ、け。しいよ、そそいでよ。

19 だれか、わがしもべのほかにしいがあるか。だれか、わがつかわす使者ししゃのようなみみしいがあるか。だれか、わが献身けんしんもののようなしいがあるか。だれか、しゅのしもべのようなしいがあるか。

20 かれおおくのことてもみとめず、みみひらいてもかない。

21 しゅはおのれののために、そのおしえおおいなるものとし、かつ光栄こうえいあるものとすることをよろこばれた。

22 ところが、このたみはかすめられ、うばわれて、みなあななかとらわれ、獄屋ごくやなかじこめられた。かれらはかすめられてもたすけるものがなく、ものうばわれても「もどせ」とものもない。

23 あなたがたのうち、だれがこのことみみかたむけるだろうか、だれがこころをもちいてのちのためにこれをくだろうか。

24 ヤコブをうばわせたものはだれか。かすめるものにイスラエルをわたしたものはだれか。これはしゅではないか。われわれはしゅにむかってつみおかし、そのみちあゆむことをこのまず、またそのおしえしたがうことをこのまなかった。

25 それゆえ、しゅはげしいいかりと、猛烈もうれつたたかいをかれらにのぞませられた。それがのように周囲しゅういえても、かれらはさとらず、かれらをいても、こころにとめなかった。