聖典
    イザヤ書22
    脚注
    Theme

    第22章

    1 まぼろしたにについての託宣たくせん。あなたがたはなぜ、みな屋根やねにのぼったのか。

    2 さけごえちているものさわがしいみやこよろこびにっているまちよ。あなたのうちのころされたものはつるぎでころされたのではなく、またたたかいにたおれたのでもない。

    3 あなたのつかさたちはみなともにのがれてったが、ゆみててとらえられた。かれらはとおげてったが、あなたのうちのつかったものはみなとらえられた。

    4 それゆえ、わたしはった、「わたしをかえりみてくれるな、わたしはいたくかなしむ。わがたみむすめほろびのために、わたしをなぐさめようとつとめてはならない」。

    5 万軍ばんぐんかみしゅまぼろしたにさわぎと、みにじりと、混乱こんらんをこさせられる。城壁じょうへきはくずれち、さけごえやまきこえる。

    6 エラムはえびらい、戦車せんしゃ騎兵きへいとをもってきたり、キルはたてをあらわした。

    7 あなたのもっとうつくしいたに戦車せんしゃち、騎兵きへいはもろもろのもんにむかってった。

    8 ユダをまもるおおいはのぞかれた。そのあなたははやしいえ武具ぶぐあおのぞんだ。

    9 またあなたがたはダビデのまちやぶれのおおいのをしたいけみずあつめ、

    10 エルサレムのいえかぞえ、またそのいえをこわして城壁じょうへききずき、

    11 一つの貯水池ちょすいちを二つの城壁じょうへきあいだつくって古池ふるいけみずをひいた。しかしあなたがたはこのことをなされたものあおのぞまず、このことむかしから計画けいかくされたものかえりみなかった。

    12 その万軍ばんぐんかみしゅかなしみ、あたまをかぶろにし、荒布あらぬのをまとうことをめいじられたが、

    13 よ、あなたがたはよろこたのしみ、うしをほふり、ひつじころし、にくい、さけんでう、「われわれはい、かつもう、明日みょうにちぬのだから」。

    14 万軍ばんぐんしゅはみずからわたしのみみしめされた、「まことに、この不義ふぎはあなたがたがぬまで、ゆるされることはない」と万軍ばんぐんかみしゅわれる。

    15 万軍ばんぐんかみしゅはこうわれる、「さあ、おういえをつかさどるこの執事しつじセブナにっていなさい、

    16 『あなたはここになんのかかわりがありますか。あなたはだれの縁故えんこでここに自分じぶんのためにはかったのですか。あなたはたかところはかり、いわをうがって自分じぶんのためにすみかをつくった。

    17 つよひとよ、よ、しゅはあなたをはげしくなげたおされる。しゅはあなたをかたくつかまえ、

    18 ぐるぐるまわして、まりのように広々ひろびろしたげられる。主人しゅじんいえはじとなるものよ、あなたはそこでに、あなたの華麗かれいくるまはそこにのこる。

    19 わたしは、あなたをそのしょくからい、その地位ちいからきおろす。

    20 その、わたしは、わがしもべヒルキヤのエリアキムをんで、

    21 あなたのころもせ、あなたのおびをしめさせ、あなたの権力けんりょくかれにゆだねる。かれはエルサレムのたみとユダのいえとのちちとなる。

    22 わたしはまたダビデのいえのかぎをかれかたく。かれひらけばじるものなく、かれじればひらものはない。

    23 わたしはかれかたところったくぎのようにする。そしてかれはそのちちいえほまれとなり、

    24 そのちちいえのすべてのおもさはかれうえにかかる。すなわちその、そのまごおよびすべてのちいさいうつわはちからすべてのびんにいたるまでみな、かれうえにかかる』」。

    25 万軍ばんぐんしゅわれる、「そのかたところったくぎはけ、られてちる。そのうえにかかっているもまたられる」としゅかたられた。