聖典
    イザヤ書18
    脚注
    Theme

    第18章

    1 ああ、エチオピヤの川々かわがわのかなたなるぶんぶんと羽音はおとのするくに

    2 このくにあしふねみずにうかべ、ナイルかわによって使者ししゃをつかわす。とくはし使者ししゃよ、け。川々かわがわわかれるくにの、たけたかく、はだのなめらかなたみ遠近えんきんおそれられるたみ力強ちからづよく、たたかいにたみけ。

    3 すべてにおるもの、むものよ、やまうえはたつときはよ、ラッパのりひびくときはけ。

    4 しゅはわたしにこうわれた、「れわたった日光にっこうねつのように、刈入かりいれのねつむしてつゆおおくものように、わたしはしずかにわたしのすまいから、ながめよう」。

    5 刈入かりいれのまえはなぎてそのはながぶどうとなってじゅくすとき、かれはかまをもって、つるをり、えだる。

    6 かれらはみなやま猛禽もうきんと、けものとにかれる。猛禽もうきんはそのうえなつごし、けものはみなそのうえふゆごす。

    7 そのとき川々かわがわわかれるくにのたけたかく、はだのなめらかなたみとおくのものにもちかくのものにもおそれられるたみ力強ちからづよく、たたかいにたみから万軍ばんぐんしゅにささげるおくものたずさえて、万軍ばんぐんしゅのみのあるところ、シオンのやまる。