聖典
イザヤ書31
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第31章

1 たすけをるためにエジプトにくだり、うまにたよるものはわざわいだ。かれらは戦車せんしゃおおいので、これに信頼しんらいし、騎兵きへいがはなはだつよいので、これに信頼しんらいする。しかしイスラエルの聖者せいじゃあおがず、またしゅにはかることをしない。

2 それにもかかわらず、しゅもまたかしこくいらせられ、かならわざわいをくだし、その言葉ことばすことなく、ってあくをなすものいえめ、また不義ふぎおこなものたすけるものめられる。

3 かのエジプトびとはひとであって、かみではない。そのうまにくであって、れいではない。しゅがみばされるとき、たすけるものはつまずき、たすけられるものたおれて、みなともにほろびる。

4 しゅはわたしにこうわれた、「ししまたはわかいししが獲物えものをつかんで、ほえたけるとき、あまたの羊飼ひつじかいされて、これにむかっても、そのこえによっておどろかず、そのさけびによっておそれないように、万軍ばんぐんしゅくだってきて、シオンのやまおよびそのおかたたかわれる。

5 とりがひなをまもるように、万軍ばんぐんしゅはエルサレムをまもり、これをまもってすくい、これをしんでたすけられる」。

6 イスラエルの人々ひとびとよ、しゅかえれ。あなたがたは、はなはだしくしゅにそむいた。

7 その、あなたがたは自分じぶんつくってつみおかしたしろがねの偶像ぐうぞうと、こがねの偶像ぐうぞうをめいめいげすてる。

8 「アッスリヤびとはつるぎによってたおれる、ひとのつるぎではない。つるぎがかれらをほろぼす、ひとのつるぎではない。かれらはつるぎのまえからり、そのわかもの奴隷どれいはたらきをしいられる。

9 かれらのいわおそれによってり、そのきみたちはあわて、はたをすててる」。これはしゅ言葉ことばである。しゅはシオンにあり、そのはエルサレムにある。