聖典
イザヤ書15
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第15章

1 モアブについての託宣たくせん。アルは一のうちにあらされて、モアブはほろびうせ、キルは一のうちにあらされて、モアブはほろびうせた。

2 デボンのむすめたかところにのぼってき、モアブはネボとメデバのうえなげさけぶ。おのおのそのあたまをかぶろにし、そのひげをことごとくそった。

3 かれらはそのちまたで荒布あらぬのをまとい、その屋根やねまたは広場ひろばで、みなさけび、なみだひたる。

4 ヘシボンとエレアレとはさけび、そのこえはヤハズまできこえる。それゆえ、モアブの兵士へいしこえをあげ、そのたましいはおののく。

5 わがこころはモアブのためにさけばわる。その落人おちうどはゾアルおよびエグラテ・シリシヤにのがれ、きながらルヒテのさかをのぼり、ホロナイムのみちほろびのさけびをあげる。

6 ニムリムのみずはかわき、くされ、なええて、あおものはない。

7 それゆえ、かれらはそのとみと、そのたくわえたものとをたずさえて、やなぎかわをわたる。

8 そのさけびのこえはモアブのさかいをめぐり、そのなげきのこえはエグライムにいたり、またそのなげきのこえはベエル・エリムにいたる。

9 デボンのみずちる。わたしはデボンのうえにさらにわざわいくわえ、モアブののがれたものとこののこったものとに、ししをおくる。