聖典
イザヤ書53
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第53章

1 だれがわれわれのいたことをしんたか。しゅうでは、だれにあらわれたか。

2 かれしゅまえ若木わかぎのように、かわいたつちからのようにそだった。かれにはわれわれのるべき姿すがたがなく、威厳いげんもなく、われわれのしたうべきうつくしさもない。

3 かれあなどられてひとてられ、かなしみのひとで、やまいっていた。またかおをおおってみきらわれるもののように、かれあなどられた。われわれもかれたっとばなかった。

4 まことにかれはわれわれのやまいい、われわれのかなしみをになった。しかるに、われわれはおもった、かれたれ、かみにたたかれ、くるしめられたのだと。

5 しかしかれはわれわれのとがのためにきずつけられ、われわれの不義ふぎのためにくだかれたのだ。かれはみずからこらしめをうけて、われわれに平安へいあんあたえ、そのたれたきずによって、われわれはいやされたのだ。

6 われわれはみなひつじのようにまよって、おのおの自分じぶんみちかってった。しゅはわれわれすべてのもの不義ふぎを、かれうえにおかれた。

7 かれはしえたげられ、くるしめられたけれども、くちひらかなかった。ほふりにひかれて小羊こひつじのように、またものまえだまっているひつじのように、くちひらかなかった。

8 かれ暴虐ぼうぎゃくなさばきによってられた。そのひとのうち、だれがおもったであろうか、かれはわがたみのとがのためにたれて、けるもののからたれたのだと。

9 かれ暴虐ぼうぎゃくおこなわず、そのくちにはいつわりがなかったけれども、そのはかしきものとももうけられ、そのつかあくをなすものともにあった。

10 しかもかれくだくことはしゅのみむねであり、しゅかれなやまされた。かれ自分じぶんを、とがのそなものとなすとき、その子孫しそんることができ、そのいのちをながくすることができる。かつしゅのみむねかれによってさかえる。

11 かれ自分じぶんたましいくるしみによりひかり満足まんぞくする。なるわがしもべはその知識ちしきによって、おおくのひととし、またかれらの不義ふぎう。

12 それゆえ、わたしはかれおおいなるものともものかちらせる。かれつよものとも獲物えものかちる。これはかれにいたるまで、自分じぶんたましいをそそぎだし、とがあるものともかぞえられたからである。しかもかれおおくのひとつみい、とがあるもののためにとりなしをした。