聖典
    イザヤ書20
    脚注
    Theme

    第20章

    1 アッスリヤのおうサルゴンからつかわされた最高さいこう司令しれいかんがアシドドにて、これをめ、これをったねん、——

    2 そのときしゅはアモツのイザヤによってかたってわれた、「さあ、あなたのこしから荒布あらぬのき、あしからくつをぎなさい」。そこでイザヤはそのようにし、はだか、はだしであるいた。——

    3 しゅわれた、「わがしもべイザヤは三ねんあいだはだか、はだしであるき、エジプトとエチオピヤにたいするしるしとなり、まえぶれとなったが、

    4 このようにエジプトびとのとりことエチオピヤびとのとらわれびととは、アッスリヤのおうかれて、そのわかものいたものもみなはだか、はだしで、しりをあらわし、エジプトのはじしめす。

    5 かれらはそのたのみとしたエチオピヤのゆえに、そのほこりとしたエジプトのゆえにおそれ、かつじる。

    6 そのには、このうみべにたみう、『よ、われわれがたのみとしたくに、すなわちわれわれがのがれてってたすけをもとめ、アッスリヤおうからすくされようとしたくにはすでにこのとおりである。われわれはどうしてのがれることができようか』と。」