聖典
    イザヤ書9
    脚注
    Theme

    第9章

    1 しかし、くるしみにあったにも、やみがなくなる。さきにはゼブルンの、ナフタリのにはずかしめをあたえられたが、のちにはうみいたみち、ヨルダンのこうの異邦人いほうじんのガリラヤに光栄こうえいあたえられる。

    2 くらやみのなかあゆんでいたたみおおいなるひかりた。暗黒あんこくんでいた人々ひとびとうえひかりった。

    3 あなたが国民こくみんし、そのよろこびをおおきくされたので、かれらは刈入かりいときよろこぶように、獲物えものかつときたのしむように、あなたのまえよろこんだ。

    4 これはあなたがかれらのっているくびきと、そのかたのつえと、しえたげるもののむちとを、ミデアンのになされたようにられたからだ。

    5 すべて戦場せんじょうで、歩兵ほへいのはいたくつと、にまみれたころもとは、えくさとなってかれる。

    6 ひとりのみどりごがわれわれのためにうまれた、ひとりのおとこがわれわれにあたえられた。まつりごとはそのかたにあり、そのは、「霊妙れいみょうなる大能たいのうかみ、とこしえのちち平和へいわきみ」ととなえられる。

    7 そのまつりごとと平和へいわとは、くわわってかぎりなく、ダビデのくらいして、そのくにおさめ、いまよりのち、とこしえに公平こうへい正義せいぎとをもってこれをて、これをたもたれる。万軍ばんぐんしゅ熱心ねっしんがこれをなされるのである。

    8 しゅはひとことをヤコブにおくり、これをイスラエルのうえにくだされる。

    9 すべてこのたみ、エフライムとサマリヤにものとはるであろう。かれらはたかぶり、こころおごってう、

    10 「かわらがくずれても、われわれはいしをもっててよう。くわのたおされても、われわれは香柏こうはくをもってこれにかえよう」と。

    11 それゆえ、しゅてきおこしてかれらをめさせ、そのあだをふるたせられる。

    12 ひがしにスリヤびとあり、西にしにペリシテびとあり、かれらは大口おおぐちをあけてイスラエルをつくす。それでもしゅいかりはやまず、なおも、そのみばされる。

    13 しかもなお、このたみ自分じぶんたちをったものかえらず、万軍ばんぐんしゅもとめない。

    14 それゆえ、しゅはイスラエルからあたまと、しゅろのえだあしとを一にちのうちにられる。

    15 そのあたまとは、長老ちょうろうたっとひと、そのとは、いつわりをおしえる預言者よげんしゃである。

    16 このたみみちびものは、これをまよわせ、かれらにみちびかれるものは、のみつくされる。

    17 それゆえ、しゅはそのわか人々ひとびとよろこばれず、そのみなしごと寡婦かふとをあわれまれない。かれらはみな、不信仰ふしんこうであって、あくおこなもの、すべてのくちおろかなことかたるからである。それでもしゅいかりはやまず、なおも、そのみばされる。

    18 あくのようにえ、いばらと、おどろとをつくし、しげりあうはやしき、けむりはしらとなってきあがる。

    19 万軍ばんぐんしゅいかりによってけ、そのたみえくさのようになり、だれもその兄弟きょうだいをあわれむものがない。

    20 かれらは右手みぎてにつかんでも、なおえ、左手ひだりてべてもくことがない。おのおのそのとなびとにくう。

    21 マナセはエフライムを、エフライムはマナセをい、かれらはともにユダをめる。それでもしゅいかりはやまず、なおも、そのみばされる。