聖典
    イザヤ書37
    脚注
    Theme

    第37章

    1 ヒゼキヤおうはこれをいて、ころもき、荒布あらぬのにまとってしゅみやり、

    2 宮内卿くないきょうエリアキムと書記官しょきかんセブナおよび祭司さいしのうちの年長者ねんちょうしゃたちに荒布あらぬのをまとわせて、アモツの預言者よげんしゃイザヤのもとへつかわした。

    3 かれらはイザヤにった、「ヒゼキヤはこういます、『きょうはなやみとめと、はずかしめのです。胎児たいじがまさにうまれようとして、これをちからがないのです。

    4 あなたのかみしゅは、あるいはラブシャケのもろもろの言葉ことばかれたかもしれません。かれはその主君しゅくんアッスリヤのおうにつかわされて、けるかみをそしりました。あなたのかみしゅはその言葉ことばいて、あるいはめられるかもしれません。それゆえ、こののこっているもののためにいのりをささげてください』」。

    5 ヒゼキヤおう家来けらいたちがイザヤのもとにたとき、

    6 イザヤはかれらにった、「あなたがたの主君しゅくんにこういなさい、『しゅはこうおおせられる、アッスリヤのおうのしもべらが、わたしをそしった言葉ことばいておそれるにはおよばない。

    7 よ、わたしは一つのれいかれのうちにおくって、一つのうわさをかせ、かれ自分じぶんくにかえらせて、そのくにでつるぎにたおれさせる』」。

    8 ラブシャケはかえして、アッスリヤのおうがリブナをめているところへった。かれおうがラキシをったことをいたからである。

    9 このとき、アッスリヤのおうはエチオピヤのおうテルハカについて、「かれはあなたとたたかうためにてきた」と人々ひとびとうのをいた。かれはこのことをいて、使者ししゃをヒゼキヤにつかわそうとしてった、

    10 「ユダのおうヒゼキヤにこういなさい、『あなたは、エルサレムはアッスリヤのおうおちいることはない、とうあなたの信頼しんらいするかみあざむかれてはならない。

    11 あなたはアッスリヤのおうたちが、国々くにぐににしたこと、かれらをまったほろぼしたことをいている。どうしてあなたはすくわれることができようか。

    12 わたしの先祖せんぞたちはゴザン、ハラン、レゼフおよびテラサルにいたエデンの人々ひとびとほろぼしたが、その国々くにぐに神々かみがみかれらをすくったか。

    13 ハマテのおう、アルパデのおう、セパルワイムのまちおう、ヘナのおうおよびイワのおうはどこにいるか』」。

    14 ヒゼキヤは使者ししゃから手紙てがみってそれをみ、しゅみやにのぼっていって、しゅまえにそれをひろげ、

    15 しゅいのってった、

    16 「ケルビムのうえしておられるイスラエルのかみ万軍ばんぐんしゅよ、のすべてのくにのうちで、ただあなただけがかみでいらせられます。あなたはてんつくられました。

    17 しゅよ、みみかたむけていてください。しゅよ、ひらいててください。セナケリブがけるかみをそしるためにおくった言葉ことばいてください。

    18 しゅよ、まことにアッスリヤのおうたちは、もろもろのたみとその国々くにぐにほろぼし、

    19 またその神々かみがみれました。それらはかみではなく、ひとつくったもので、いしだからほろぼされたのです。

    20 いまわれわれのかみしゅよ、どうぞ、われわれをかれからすくしてください。そうすれば国々くにぐにみなあなただけがしゅでいらせられることをるようになるでしょう」。

    21 そのときアモツのイザヤはひとをつかわしてヒゼキヤにった、「イスラエルのかみしゅはこうわれる、あなたはアッスリヤのおうセナケリブについてわたしにいのったゆえ、

    22 しゅかれについてかたられた言葉ことばはこうである、『処女しょじょであるシオンのむすめはあなたをあなどり、あなたをあざける。エルサレムのむすめは、あなたのうしろであたまる。

    23 あなたはだれをそしり、だれをののしったのか。あなたはだれにむかってこえをあげ、たかくあげたのか。イスラエルの聖者せいじゃにむかってだ。

    24 あなたは、そのしもべらによってしゅをそしってった、「わたしはおおくの戦車せんしゃひきいて山々やまやまいただきにのぼり、レバノンのおくき、たけのたか香柏こうはくと、もっといいとすぎをたおし、またそのはて高地こうちき、その密林みつりんにはいった。

    25 わたしは井戸いどってみずんだ。わたしはあしうらでエジプトのすべてのかわみからした」。

    26 あなたはかなかったか、むかしわたしがそれをさだめたことを。堅固けんご町々まちまちを、あなたがこわして荒塚あらつかとすることも、いにしえのから、わたしが計画けいかくしていまそれをきたらせたのだ。

    27 そのうちにたみちからよわく、おののきはじをいだいて、くさのように、青菜あおなのようになり、そだたずにれる屋根やねくさのようになった。

    28 わたしは、あなたのすること、出入でいりすること、また、わたしにむかっていかさけんだことをもっている。

    29 あなたが、わたしにむかっていかさけんだことと、あなたの高慢こうまん言葉ことばとがわたしのみみにはいったゆえ、わたしは、あなたのはなをつけ、あなたのくちにくつわをはめて、あなたを、もとみちきもどす』。

    30 あなたにあたえるしるしはこれである。すなわち、ことしはからえたものべ、二ねんには、またそのからえたものべ、三ねんにはたねをまき、れ、ぶどうはたけつくってそのべる。

    31 ユダのいえの、のがれてのこものふたたしたり、うえむすぶ。

    32 すなわちのこものはエルサレムから、のがれるものはシオンのやまからる。万軍ばんぐんしゅ熱心ねっしんがこれをなしげられる。

    33 それゆえ、しゅはアッスリヤのおうについて、こうおおせられる、『かれはこのまちにこない。またここにはなたない。またたてをもって、そのまえにこない。またるいきずいて、これをめることはない。

    34 かれみちからかえって、このまちに、はいることはない、としゅう。

    35 わたしは自分じぶんのため、また、わたしのしもべダビデのためにまちまもって、これをすくおう』」。

    36 しゅ使つかいて、アッスリヤびとの陣営じんえいで十八万五千にんころした。人々ひとびとあさはやきてると、かれらはみな死体したいとなっていた。

    37 アッスリヤのおうセナケリブはり、かえっていってニネベにいたが、

    38 そのかみニスロクの神殿しんでん礼拝れいはいしていたとき、そのらのアデラン・メレクとシャレゼルがつるぎをもってかれころし、ともにアララテのげていった。それで、そのエサルハドンがかわっておうとなった。