聖典
イザヤ書4
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第4章

1 その、七にんおんながひとりのおとこにすがって、「わたしたちは自分じぶんのパンをたべ、自分じぶん着物きものます。ただ、あなたのによってばれることをゆるして、わたしたちのはじのぞいてください」とう。

2 そのしゅえだうるわしくさかえ、産物さんぶつはイスラエルののこったものほこり、また光栄こうえいとなる。

3, 4 そしてしゅ審判しんぱんれい滅亡めつぼうれいとをもって、シオンのむすめらのけがれをあらい、エルサレムのをそのなかからのぞられるとき、シオンにのこもの、エルサレムにとどまるもの、すべてエルサレムにあって、生命せいめいしょにしるされたものせいなるものととなえられる。

5 そのときしゅはシオンのやまのすべての場所ばしょと、そのもろもろの集会しゅうかいとのうえに、ひるくもをつくり、よるけむりえるかがやきとをつくられる。これはすべての栄光えいこううえにある天蓋てんがいであり、あずまやであって、

6 ひるあつさをふせぐかげとなり、また暴風ぼうふうあめけてかくれるところとなる。