聖典
イザヤ書6
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第6章

1 ウジヤおうんだとし、わたしはしゅたかくあげられたみくらにし、そのころものすそが神殿しんでんちているのをた。

2 そのうえにセラピムがち、おのおの六つのつばさをもっていた。その二つをもってかおをおおい、二つをもってあしをおおい、二つをもってびかけり、

3 たがいびかわしてった。「せいなるかな、せいなるかな、せいなるかな、万軍ばんぐんしゅ、その栄光えいこうぜんつ」。

4 そのばわっているものこえによって敷居しきいもといふるうごき、神殿しんでんなかけむりちた。

5 そのときわたしはった、「わざわいなるかな、わたしはほろびるばかりだ。わたしはけがれたくちびるのもので、けがれたくちびるのたみなかものであるのに、わたしの万軍ばんぐんしゅなるおうたのだから」。

6 このときセラピムのひとりがばしをもって、祭壇さいだんうえからったえているすみたずさえ、わたしのところにんできて、

7 わたしのくちれてった、「よ、これがあなたのくちびるにれたので、あなたのあくのぞかれ、あなたのつみはゆるされた」。

8 わたしはまたしゅわれるこえいた、「わたしはだれをつかわそうか。だれがわれわれのためにくだろうか」。そのときわたしはった、「ここにわたしがおります。わたしをおつかわしください」。

9 しゅわれた、「あなたはって、このたみにこういなさい、『あなたがたはくりかえしくがよい、しかしさとってはならない。あなたがたはくりかえしるがよい、しかしわかってはならない』と。

10 あなたはこのたみこころにぶくし、そのみみきこえにくくし、そのざしなさい。これはかれらがその、そのみみき、そのこころさとり、あらためていやされることのないためである」。

11 そこで、わたしはった、「しゅよ、いつまでですか」。しゅわれた、「町々まちまちれすたれて、ものもなく、いえにはひとかげもなく、くにまったとなり、

12 人々ひとびとしゅによってとおくへうつされ、れはてたところくになかおおくなるときまで、こうなっている。

13 そのなかに十ぶんの一ののこものがあっても、これもまたほろぼされる。テレビンのまたはかしのたおされるとき、そのかぶのこるように」。せいなる種族しゅぞくはそのかぶである。