聖典
    イザヤ書5
    脚注
    Theme

    第5章

    1 わたしはわがあいするもののために、そのぶどうはたけについてのわがあいうたをうたおう。わがあいするものつちえたやまうえに、一つのぶどうはたけをもっていた。

    2 かれはそれをりおこし、いしのぞき、それにいぶどうをえ、そのなか物見ものみやぐらをて、またそのなかさかぶねをり、いぶどうのむすぶのをのぞんだ。ところがむすんだものはぶどうであった。

    3 それで、エルサレムにものとユダの人々ひとびとよ、どうか、わたしとぶどうはたけとのあいだをさばけ。

    4 わたしが、ぶどうはたけになしたことのほかに、なにかなすべきことがあるか。わたしはいぶどうのむすぶのをのぞんだのに、どうしてぶどうをむすんだのか。

    5 それで、わたしが、ぶどうはたけになそうとすることを、あなたがたにげる。わたしはそのまがきをって、あらされるにまかせ、そのかきをとりこわして、あらされるにまかせる。

    6 わたしはこれをあらして、むことも、たがやすこともせず、おどろと、いばらとをえさせ、またくもめいじて、そのうえあめらさない。

    7 万軍ばんぐんしゅのぶどうはたけはイスラエルのいえであり、しゅよろこんでそこにえられたものは、ユダの人々ひとびとである。しゅはこれに公平こうへいのぞまれたのに、よ、流血りゅうけつ正義せいぎのぞまれたのに、よ、さけび。

    8 わざわいなるかな、かれらはいえいえつらね、田畑たはた田畑たはたをましくわえて、余地よちをあまさず、自分じぶんひとり、くにのうちにまおうとする。

    9 万軍ばんぐんしゅはわたしのみみちかってわれた、「かならずやおおくのいえれすたれ、おおきなうるわしいいえものがないようになる。

    10 たんのぶどうはたけもわずかに一バテのむすび、一ホメルのたねもわずかに一エパのむすぶ」。

    11 わざわいなるかな、かれらはあさはやきて、さけをおいもとめ、よるのふけるまでみつづけて、さけにそのかれている。

    12 かれらの酒宴しゅえんにはことあり、立琴たてごとあり、つづみありふえあり、ぶどうしゅがある。しかしかれらはしゅのみわざをかえりみず、みのなされることをとめない。

    13 それゆえ、わがたみ無知むちのために、とりこにせられ、そのたっとものえてに、そのもろもろのたみは、かわきによっておとろえはてる。

    14 また陰府よみはその欲望よくぼうおおきくし、そのくちかぎりなくひらき、エルサレムの貴族きぞく、そのもろもろのたみ、その群集ぐんしゅうおよびそのうちのよろこびたのしめるものはみなそのなかちこむ。

    15 ひとはかがめられ、人々ひとびとひくくせられ、たかぶるものひくくされる。

    16 しかし万軍ばんぐんしゅ公平こうへいによってあがめられ、せいなるかみ正義せいぎによって、おのれをせいなるものとしてしめされる。

    17 こうして小羊こひつじ自分じぶん牧場まきばにおるようにくさをはみ、えた家畜かちくおよびやぎはあとなかしょくる。

    18 わざわいなるかな、かれらはいつわりのなわをもってあくきよせ、くるまつなをもってするようにつみきよせる。

    19 かれらはう、「かれいそがせ、そのわざをすみやかにさせよ、それをせてもらおう。イスラエルの聖者せいじゃさだめることちかづききたらせよ、それをせてもらおう」と。

    20 わざわいなるかな、かれらはあくんでぜんといい、ぜんんであくといい、くらきをひかりとし、ひかりくらしとし、にがきをあましとし、あまきをにがしとする。

    21 わざわいなるかな、かれらはおのれをて、かしこしとし、みずからかえりみて、さとしとする。

    22 わざわいなるかな、かれらはぶどうしゅむことの英雄えいゆうであり、さけをまぜわせることの勇士ゆうしである。

    23 かれらはまいないによってしきものとし、義人ぎじんからそのうばう。

    24 それゆえ、したかぶつくすように、くさほのおなかえうせるように、かれらのちたものとなり、かれらのはなはちりのようにる。かれらは万軍ばんぐんしゅ律法りっぽうて、イスラエルの聖者せいじゃ言葉ことばあなどったからである。

    25 それゆえ、しゅはそのたみにむかっていかりをはっし、みべてかれらをたれた。やまふるうごき、かれらのしかばねは、ちまたのなかで、あくたのようになった。それにもかかわらず、みいかりはやまず、なお、みばされる。

    26 しゅはたをあげてとおくから一つの国民くにたみまねき、はてからかれらをばれる。よ、かれらははしって、すみやかにる。

    27 そのなかにはつかれるものも、つまずくものもなく、まどろむものも、ねむものもない。そのこしおびはとけず、そのくつのひもはれていない。

    28 そのするどく、そのゆみはことごとくり、そのうまのひずめは火打石ひうちいしのように、そのくるまはつむじかぜのようにおもわれる。

    29 そのほえることは、ししのように、わかいししのようにほえ、うなって獲物えものとらえ、かすめってもすくものがない。

    30 その、そのりどよめくことは、うみりどよめくようだ。もしをのぞむならば、よ、くらきとなやみとがあり、ひかりくもによってくらくなる。