聖典
    イザヤ書10
    脚注
    Theme

    第10章

    1 わざわいなるかな、不義ふぎ判決はんけつくだもの暴虐ぼうぎゃく宣告せんこくきしるすもの

    2 かれらはとぼしいものうったえをけず、わがたみのうちのまずしいもの権利けんりをはぎ、寡婦かふ資産しさんうばい、みなしごのものをかすめる。

    3 あなたがたは刑罰けいばつがきたなら、なにをしようとするのか。大風おおかぜとおくからるとき、なにをしようとするのか。あなたがたはのがれていって、だれにたすけをもとめようとするのか。また、どこにあなたがたのとみのこそうとするのか。

    4 ただとらわれたものなかにかがみ、ころされたものなかたおれるのみだ。それでもしゅいかりはやまず、なおも、そのみばされる。

    5 ああ、アッスリヤはわがいかりのつえ、わがいきどおりのむちだ。

    6 わたしはかれをつかわして不信ふしんくにめ、かれめいじてわがいかりのたみめ、かすめうばわせ、かれらをちまたのどろのようにみにじらせる。

    7 しかしかれはそのようにはおもわず、そのこころもそのようにはかんがえず、かえってそのこころほろぼすことをおもい、あまたの国々くにぐにたおそうとする。

    8 かれう、「わが諸侯しょこうはみなおうではないか。

    9 カルノはカルケミシのようではないか。ハマテはアルパデのようではないか。サマリヤはダマスコのようではないか。

    10 わが偶像ぐうぞうつかえる国々くにぐにびた。そのったぞうはエルサレムおよびサマリヤのものにまさっていた。

    11 わたしはサマリヤとその偶像ぐうぞうおこなったように、エルサレムとその偶像ぐうぞうおこなわぬであろうか」。

    12 しゅがシオンのやまとエルサレムとになそうとすることを、ことごとくなしげられたときしゅはアッスリヤおう無礼ぶれい言葉ことばと、そのたかぶりとをばっせられる。

    13 かれう、「わがちからにより、またわが知恵ちえによって、わたしはこれをなした。わたしはかしこいからである。わたしはもろもろのたみさかいのぞき、その財宝ざいほううばった。またわたしは雄牛おうしのように、くらいするものきおろした。

    14 わがるように、もろもろのたみとみた。またわたしは人々ひとびとてられたたまごあつめるように、ぜんあつめた。あるいはつばさうごかし、あるいはくちひらき、あるいはぺちゃくちゃものもなかった」。

    15 おのは、それをもちいてものにむかって、自分じぶんほこることができようか。のこぎりは、それをうごかすものにむかって、みずからたかぶることができようか。これはあたかも、むちが自分じぶんをあげるものうごかし、つえがでないものをあげようとするのにひとしい。

    16 それゆえ、しゅ万軍ばんぐんしゅは、そのえた勇士ゆうしなか病気びょうきおくっておとろえさせ、その栄光えいこうしたえるようなほのおやされる。

    17 イスラエルのひかりとなり、その聖者せいじゃほのおとなり、そのいばらと、おどろとを一にちのうちにほろぼす。

    18 また、そのはやしつちえた田畑たはたさかえを、たましいも、からだも二つながらほろぼし、めるもののやせおとろえるときのようにされる。

    19 そのはやしのこりのものはわずかであって、わらべもそれをきとめることができる。

    20 そのにはイスラエルののこりのものと、ヤコブのいえのこったものとは、もはや自分じぶんたちをったものにたよらず、真心まごころをもってイスラエルの聖者せいじゃしゅにたより、

    21 のこりのもの、すなわちヤコブののこりのもの大能たいのうかみかえる。

    22 あなたのたみイスラエルはうみすなのようであっても、そのうちののこりのものだけがかえってる。ほろびはすでにさだまり、であふれている。

    23 しゅ万軍ばんぐんしゅさだめられたほろびをぜんおこなわれる。

    24 それゆえ、しゅ万軍ばんぐんしゅはこうわれる、「シオンにむわがたみよ、アッスリヤびとが、エジプトびとがしたように、むちをもってあなたをち、つえをあげてあなたをせめても、かれらをおそれてはならない。

    25 ただしばらくして、わがいきどおりはやみ、わがいかりはかれらをほろぼすからである。

    26 万軍ばんぐんしゅは、むかしミデアンびとをオレブのいわたれたときのように、かれらにむかって、むちをふるわれる。またそのつえをうみうえにのばし、エジプトでなされたように、それをあげられる。

    27 そのには、かれ重荷おもにはあなたのかたからおり、かれのくびきはあなたのくびからはなれる」。かれはリンモンからのぼり、

    28 アイアテにきたり、ミグロンをぎ、ミクマシでその行李こうりをとどめ、

    29 わたしをぎて、ゲバに宿やどる。ラマはおののき、サウルのギベアはった。

    30 ガリムのむすめよ、こえをあげてさけべ。ライシよ、みみかたむけよ。アナトテよ、かれこたえよ。

    31 マデメナはり、ゲビムのたみかくもとめた。

    32 このかれはノブにちとどまり、シオンのむすめやま、エルサレムのおかにむかって、そのる。

    33 よ、しゅ万軍ばんぐんしゅは、おそろしいちからをもってえだりおろされる。たけのたかいものもおとされ、そびえつものはひくくされる。

    34 しゅはおのをもってしげりあうはやしられる。みごとなしげるレバノンもたおされる。