列王紀下11
戻る 次へ

第11章

1 さてアハジヤのははアタリヤはそのんだのをて、っておう一族いちぞくをことごとくほろぼしたが、

2 ヨラムおうむすめで、アハジヤの姉妹しまいであるエホシバはアハジヤのヨアシを、ころされようとしているおうたちのうちからぬすり、かれとそのうばとを寝室しんしつれて、アタリヤにかくしたので、かれはついにころされなかった。

3 ヨアシはうばとともに六ねんあいだしゅみやかくれていたが、そのかんアタリヤがくにおさめた。

4 だいねんになってエホヤダはひとをつかわして、カリびとと近衛このえへいとの大将たいしょうたちをまねきよせ、しゅみやにいる自分じぶんのもとにこさせ、かれらと契約けいやくむすび、しゅみやかれらにちかいをさせておうせ、

5 めいじてった、「あなたがたのすることはこれです、すなわち、安息日あんそくにち非番ひばんとなっておういえまもるあなたがたの三ぶんの一は、

6 宮殿きゅうでんまもらなければならない。(の三ぶんの一はスルのもんにおり、三ぶんの一は近衛このえへいのうしろのもんにおる)。

7 すべて安息日あんそくにち当番とうばんしゅみやまもるあなたがたの二つの部隊ぶたいは、

8 おのおのの武器ぶきっておうのまわりにたなければならない。すべてれつちかよるものころされなければならない。あなたがたはおうときにも、はいるときにもおうともにいなければならない」。

9 そこでその大将たいしょうたちは祭司さいしエホヤダがすべてめいじたとおりにおこなった。すなわちかれらはおのおの安息日あんそくにち非番ひばんとなるものと、安息日あんそくにち当番とうばんとなるものとをひきいて祭司さいしエホヤダのもとにきたので、

10 祭司さいししゅみやにあるダビデおうのやりとたて大将たいしょうたちにわたした。

11 近衛このえへいはおのおの武器ぶきをとってしゅみや南側みなみがわから北側きたがわまで、祭壇さいだんみやいてった。

12 そこでエホヤダはおうをつれしてかんむりをいただかせ、律法りっぽうしょわたし、かれおう宣言せんげんしてあぶらそそいだので、人々ひとびとって「おう万歳ばんざい」とった。

13 アタリヤは近衛このえへいたみこえいて、しゅみやはいり、たみのところへって、

14 ると、おう慣例かんれいにしたがってはしらのかたわらにち、おうのかたわらには大将たいしょうたちとラッパたちがち、またくにたみみなよろこんでラッパをいていたので、アタリヤはそのころもいて、「反逆はんぎゃくです、反逆はんぎゃくです」とさけんだ。

15 そのとき祭司さいしエホヤダは軍勢ぐんぜい指揮しきしていた大将たいしょうたちにめいじて、「彼女かのじょれつあいだをとおってかせ、彼女かのじょしたがものをつるぎをもってころしなさい」とった。これは祭司さいしがさきに「彼女かのじょしゅみやころしてはならない」とったからである。

16 そこでかれらは彼女かのじょとらえ、おういえ馬道うまみちれてったが、彼女かのじょはついにそこでころされた。

17 かくてエホヤダはしゅおうおよびたみとのあいだに、みなしゅたみとなるという契約けいやくてさせ、またおうたみとのあいだにもそれをてさせた。

18 そこでくにたみみなバアルのみやって、これをこわし、その祭壇さいだんとそのぞうくだき、バアルの祭司さいしマッタンをその祭壇さいだんまえころした。そして祭司さいししゅみや管理かんりひといた。

19 いでエホヤダは大将たいしょうたちと、カリびとと、近衛このえへいくにのすべてのたみひきいて、しゅみやからおうみちびくだり、近衛このえへいもんみちからおういえはいり、おうくらいせしめた。

20 こうしてくにたみみなよろこび、まちはアタリヤがおういえでつるぎをもってころされてのち、おだやかになった。

21 ヨアシはくらいについたときさいであった。