列王紀下4
戻る 次へ

第4章

1 預言者よげんしゃのともがらの、ひとりのつまがエリシャにばわってった、「あなたのしもべであるわたしのおっとにました。ごぞんじのように、あなたのしもべはしゅおそれるものでありましたが、いまさいしゅがきて、わたしのふたりの子供こどもって奴隷どれいにしようとしているのです」。

2 エリシャは彼女かのじょった、「あなたのためになにをしましょうか。あなたのいえにどんなものがあるか、いなさい」。彼女かのじょった、「一びんのあぶらのほかは、はしためのいえなにもありません」。

3 かれった、「ほかへって、となり人々ひとびとからうつわりなさい。あいたうつわりなさい。すこしばかりではいけません。

4 そしてうちにはいって、あなたの子供こどもたちと一緒いっしょうちじこもり、そのすべてのうつわあぶらをついで、いっぱいになったとき、一つずつそれをりのけておきなさい」。

5 彼女かのじょかれはなれてり、子供こどもたちと一緒いっしょうちじこもり、子供こどもたちのってうつわあぶらをついだ。

6 あぶらちたとき、彼女かのじょ子供こどもに「もっとうつわってきなさい」とったが、子供こどもが「うつわはもうありません」とったので、あぶらはとまった。

7 そこで彼女かのじょかみひとのところにきてげたので、かれった、「って、そのあぶらって負債ふさいはらいなさい。あなたと、あなたの子供こどもたちはそののこりでくらすことができます」。

8 あるエリシャはシュネムへったが、そこにひとりの裕福ゆうふく婦人ふじんがいて、しきりにかれ食事しょくじをすすめたので、かれはそこをとおるごとに、そこにって食事しょくじをした。

9 そのおんなおっとった、「いつもわたしたちのところとおるあのひとたしかにかみせいなるひとです。

10 わたしたちは屋上おくじょうかべのある一つのちいさいへやをつくり、そこに寝台しんだいつくえといすと燭台しょくだいとをかれのためにそなえましょう。そうすればかれがわたしたちのところるとき、そこに、はいることができます」。

11 さて、あるエリシャはそこにきて、そのへやにはいり、そこにやすんだが、

12 かれはそのしもべゲハジに「このシュネムのおんなんできなさい」とった。かれがそのおんなぶと、彼女かのじょはきてエリシャのまえったので、

13 エリシャはゲハジにった、「彼女かのじょいなさい、『あなたはこんなにねんごろに、わたしたちのためにこころもちいられたが、あなたのためにはなにをしたらよいでしょうか。おうまたは軍勢ぐんぜいちょうにあなたのことをよろしくたのむことをおのぞみですか』」。彼女かのじょこたえてった、「わたしは自分じぶんたみのうちにんでいます」。

14 エリシャはった、「それでは彼女かのじょのためになにをしようか」。ゲハジはった、「彼女かのじょには子供こどもがなく、そのおっといています」。

15 するとエリシャが「彼女かのじょびなさい」とったので、彼女かのじょぶと、戸口とぐちった。

16 エリシャはった、「来年らいねんいまごろ、あなたはひとりのくでしょう」。彼女かのじょった、「いいえ、わがしゅよ、かみひとよ、はしためをあざむかないでください」。

17 しかしおんなはついにごもって、エリシャが彼女かのじょったように、つぎねんのそのころにんだ。

18 その成長せいちょうして、ある刈入かりいれびとのところていって、ちちのもとへったが、

19 ちちにむかって「あたまが、あたまが」とったので、ちちはしもべに「かれははのもとへ背負せおっていきなさい」とった。

20 かれ背負せおってははのもとへくと、ひるまでははのひざのうえにすわっていたが、ついにんだ。

21 ははがっていって、これをかみひと寝台しんだいうえき、じててきた。

22 そしておっとんでった、「どうぞ、しもべひとりと、ろば一とうをわたしにかしてください。いそいでかみひとところって、またかえってきます」。

23 おっとった、「どうしてきょうかれところこうとするのか。きょうは、ついたちでもなく、安息日あんそくにちでもない」。彼女かのじょった、「よろしいのです」。

24 そして彼女かのじょはろばにくらをいて、しもべにった、「はやけさせなさい。わたしがめいじるときでなければ、歩調ほちょうをゆるめてはなりません」。

25 こうして彼女かのじょ出発しゅっぱつしてカルメルやまき、かみひとところった。かみひと彼女かのじょちかづいてくるのをて、しもべゲハジにった、「こうから、あのシュネムのおんなる。

26 すぐはしってって、彼女かのじょむかえていなさい、『あなたは無事ぶじですか。あなたのおっと無事ぶじですか。あなたの子供こども無事ぶじですか』」。彼女かのじょこたえた、「無事ぶじです」。

27 ところが彼女かのじょやまにきて、かみひとところへくるとエリシャのあしにすがりついた。ゲハジが彼女かのじょいのけようとちかよったときかみひとった、「かまわずにおきなさい。彼女かのじょこころくるしみがあるのだから。しゅはそれをかくして、まだわたしにおげにならないのだ」。

28 そこで彼女かのじょった、「わたしがあなたにもとめましたか。わたしをあざむかないでくださいとったではありませんか」。

29 エリシャはゲハジにった、「こしをひきからげ、わたしのつえをってきなさい。だれにっても、あいさつしてはならない。またあなたにあいさつするものがあっても、それにこたえてはならない。わたしのつえを子供こどもかおうえきなさい」。

30 子供こどもははった、「しゅきておられます。あなたもきておられます。わたしはあなたをはなれません」。そこでエリシャはついにちあがって彼女かのじょのあとについてった。

31 ゲハジはかれらのさきって、つえを子供こどもかおうえいたが、なんのこえもなく、きかえったしるしもなかったので、かえってきてエリシャにい、かれげて「子供こどもはまだをさましません」とった。

32 エリシャがいえにはいってると、子供こどもんで、寝台しんだいうえよこたわっていたので、

33 かれははいってじ、かれらふたりだけうちにいてしゅいのった。

34 そしてエリシャががって子供こどもうえし、自分じぶんくち子供こどもくちうえに、自分じぶん子供こどもうえに、自分じぶん両手りょうて子供こども両手りょうてうえにあて、その子供こどもうえばしたとき、子供こどものからだはあたたかになった。

35 こうしてエリシャはふたたきあがって、いえなかをあちらこちらとあゆみ、またうえがって、その子供こどもうえばすと、子供こどもは七たびくしゃみをしてひらいた。

36 エリシャはただちにゲハジをんで、「あのシュネムのおんなべ」とったので、彼女かのじょんだ。彼女かのじょがはいってくるとエリシャはった、「あなたの子供こどもをつれてきなさい」。

37 彼女かのじょははいってきて、エリシャのあしもとにし、をかがめた。そしてそのともりあげてていった。

38 エリシャはギルガルにかえったが、そのにききんがあった。預言者よげんしゃのともがらがかれまえしていたので、エリシャはそのしもべにった、「おおきなかまをすえて、預言者よげんしゃのともがらのために野菜やさい煮物にものをつくりなさい」。

39 かれらのうちのひとりがはたけていって青物あおものをつんだが、つるくさのあるのをて、そのうりを一つつみつんできて、煮物にもののかまのなかんだ。かれらはそれがなにであるかをらなかったからである。

40 やがてこれをって人々ひとびとべさせようとしたが、かれらがその煮物にものべようとしたときさけんで、「ああかみひとよ、かまのなかに、たべるとぬものがはいっています」とって、べることができなかったので、

41 エリシャは「それではこなってなさい」とって、それをかまにれ、「って人々ひとびとべさせなさい」とった。かまのなかには、なんの毒物どくぶつもなくなった。

42 そのとき、バアル・シャリシャからひとがきて、初穂はつほのパンと、大麦おおむぎのパン二十と、新穀しんこくふくろとをかみひとのもとにってきたので、エリシャは「人々ひとびとあたえてべさせなさい」とったが、

43 その召使めしつかいった、「どうしてこれを百にんまえそなえるのですか」。しかしかれった、「人々ひとびとあたえてべさせなさい。しゅはこうわれる、『かれらはべてなおあますであろう』」。

44 そこでかれはそれをかれらのまえそなえたので、かれらはべてなおあました。しゅ言葉ことばのとおりであった。