列王紀下16
戻る 次へ

第16章

1 レマリヤのペカのだい十七ねんにユダのおうヨタムのアハズがおうとなった。

2 アハズはおうとなったとき二十さいで、エルサレムで十六ねんあいだおさめたが、そのかみしゅにかなうこと先祖せんぞダビデのようにはおこなわなかった。

3 かれはイスラエルのおうたちのみちあゆみ、またしゅがイスラエルの人々ひとびとまえからはらわれた異邦人いほうじんにくむべきおこないにしたがって、自分じぶんいてささげものとした。

4 かつかれたかところ、またおかうえ、すべてのあおした犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。

5 そのころ、スリヤのおうレヂンおよびレマリヤのであるイスラエルのおうペカがエルサレムにのぼって、アハズをかこんだが、つことができなかった。

6 そのときエドムのおうはエラテを回復かいふくしてエドムの所領しょりょうとし、ユダの人々ひとびとをエラテからした。そしてエドムびとがエラテにきて、そこにみ、今日こんにちいたっている。

7 そこでアハズは使者ししゃをアッスリヤのおうテグラテピレセルにつかわしてわせた、「わたしはあなたのしもべ、あなたのです。スリヤのおうとイスラエルのおうがわたしをかこんでいます。どうぞのぼってきて、かれらのからわたしをすくしてください」。

8 そしてアハズはしゅみやおういえくらにあるきんぎんをとり、これをおくものとしてアッスリヤのおうにおくったので、

9 アッスリヤのおうかれねがいをきいれた。すなわちアッスリヤのおうはダマスコにのぼって、これをり、そのたみをキルにとらうつし、またレヂンをころした。

10 アハズおうはアッスリヤのおうテグラテピレセルにおうとダマスコへったが、ダマスコにある祭壇さいだんたので、アハズおうはその祭壇さいだんつくりにしたがって、そのくわしい図面ずめんと、ひながたとをつくって、祭司さいしウリヤにおくった。

11 そこで祭司さいしウリヤはアハズおうがダマスコからおくったものにしたがって祭壇さいだんてた。すなわち祭司さいしウリヤはアハズおうがダマスコからかえるまでにそのとおりにつくった。

12 おうはダマスコからかえってきて、その祭壇さいだん祭壇さいだんちかづいてそのうえのぼり、

13 燔祭はんさい素祭そさいき、灌祭かんさいそそぎ、酬恩祭しゅうおんさい祭壇さいだんにそそぎかけた。

14 かれはまたしゅまえにあった青銅せいどう祭壇さいだんみやまえからうつした。すなわちそれをあたらしい祭壇さいだんしゅみやあいだからうつして、あたらしい祭壇さいだんきたほうにすえた。

15 そしてアハズおう祭司さいしウリヤにめいじてった、「あさ燔祭はんさいゆう素祭そさいおよびおう燔祭はんさいとその素祭そさい、ならびに国中くにぢゅうたみ燔祭はんさいとその素祭そさいおよび灌祭かんさいは、このおおきな祭壇さいだんうえきなさい。また燔祭はんさい犠牲ぎせいはすべてこれにそそぎかけなさい。あの青銅せいどう祭壇さいだんをわたしはうかがいをてるのにもちいよう」。

16 祭司さいしウリヤはアハズおうがすべてめいじたとおりにおこなった。

17 またアハズおうだい鏡板かがみいたって、洗盤せんばんをそのうえからうつし、またうみをそのしたにある青銅せいどううしうえからおろして、いしうえにすえ、

18 またみやのうちにつくられていた安息日あんそくにちようのおおいのあるみち、およびおうもちいるそと入口いりぐちをアッスリヤのおうのためにしゅみやからのぞいた。

19 アハズのその事績じせきは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

20 アハズは先祖せんぞたちとともねむって、ダビデのまちにその先祖せんぞたちとともほうむられ、そのヒゼキヤがかわっておうとなった。