列王紀下12
戻る 次へ

第12章

1 ヨアシはエヒウのだいねんくらいにつき、エルサレムで四十ねんあいだおさめた。そのはははベエルシバの出身しゅっしんで、をヂビアといった。

2 ヨアシは一生いっしょうあいだしゅにかなうことをおこなった。祭司さいしエホヤダがかれおしえたからである。

3 しかしたかところのぞかなかったので、たみはなおそのたかところ犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。

4 ヨアシは祭司さいしたちにった、「すべてしゅみや聖別せいべつしてささげるぎん、すなわちおのおのがせられて、割当わりあてにしたがって人々ひとびとぎん、および人々ひとびとこころからねがってしゅみやってくるぎんは、

5 これを祭司さいしたちがおのおのそのひとからり、どこでもしゅみややぶれのえるときは、それをもってそのやぶれをつくろわなければならない」。

6 ところがヨアシおうの二十三ねんいたるまで、祭司さいしたちはしゅみややぶれをつくろわなかった。

7 それで、ヨアシおう祭司さいしエホヤダおよび祭司さいしたちをしてった、「なぜ、あなたがたはしゅみややぶれをつくろわないのか。あなたがたはもはや知人ちじんからぎんけてはならない。しゅみややぶれをつくろうためにそれをわたしなさい」。

8 祭司さいしたちはかさねてたみからぎんけないことと、しゅみややぶれをつくろわないこととに同意どういした。

9 そこで祭司さいしエホヤダは一つのはこり、そのふたにあなをあけて、それをしゅみや入口いりぐち右側みぎがわ祭壇さいだんのかたわらにいた。そしてもんまも祭司さいしたちはしゅみやにはいってくるぎんをことごとくそのなかれた。

10 こうしてそのはこなかぎんおおくなったのをると、おう書記官しょきかんだい祭司さいしのぼってきて、しゅみやにあるぎんかぞえてふくろめた。

11 そしてそのかぞえたぎんを、工事こうじをつかさどるしゅみや監督かんとくものにわたしたので、かれらはそれをしゅみやはたら木工もっこう建築けんちくはらい、

12 石工いしくおよびいしりにはらい、またそれをもってしゅみややぶれをつくろ材木ざいもくいしい、しゅみやつくろうためにもちいるすべてのもののためについやした。

13 ただし、しゅみやにはいってくるそのぎんをもってしゅみやのためにぎんのたらい、心切しんきりばさみ、はち、ラッパ、きんうつわぎんうつわなどをつくることはしなかった。

14 ただこれを工事こうじをするものわたして、それでしゅみやつくろわせた。

15 またそのぎんわたして工事こうじをするものはらわせた人々ひとびと計算けいさんすることはしなかった。かれらは正直しょうじきことをおこなったからである。

16 愆祭けんさいぎん罪祭ざいさいぎんしゅみやに、はいらないで、祭司さいしした。

17 そのころ、スリヤのおうハザエルがのぼってきて、ガテをめてこれをった。そしてハザエルがエルサレムにのぼろうとして、そのかおけたとき、

18 ユダのおうヨアシはその先祖せんぞ、ユダのおうヨシャパテ、ヨラム、アハジヤが聖別せいべつしてささげたすべてのもの、およびヨアシ自身じしん聖別せいべつしてささげたもの、ならびにしゅみやくらと、しゅみやにあるきんをことごとくって、スリヤおうのハザエルにおくったので、ハザエルはエルサレムをはなった。

19 ヨアシのその事績じせきおよびかれがしたすべてのことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

20 ヨアシの家来けらいたちはって徒党ととうむすび、シラにくだみちにあるミロのいえでヨアシをころした。

21 すなわちその家来けらいシメアテのヨザカルと、ショメルのヨザバデがかれってころし、かれをその先祖せんぞおなじく、ダビデのまちほうむった。そのアマジヤがかわっておうとなった。