列王紀下6
戻る 次へ

第6章

1 さて預言者よげんしゃのともがらはエリシャにった、「わたしたちがあなたとともんでいるところせまくなりましたので、

2 わたしたちをヨルダンにかせ、そこからめいめい一ぽんずつ材木ざいもくってきて、わたしたちの場所ばしょつくらせてください」。エリシャはった、「きなさい」。

3 ときにそのひとりが、「どうぞあなたも、しもべらと一緒いっしょってください」とったので、エリシャは「きましょう」とこたえた。

4 そしてエリシャはかれらと一緒いっしょった。かれらはヨルダンへってたおしたが、

5 ひとりが材木ざいもくたおしているとき、おののあたまみずなかちたので、かれさけんでった。「ああ、わがしゅよ。これはりたものです」。

6 かみひとった、「それはどこにちたのか」。かれがその場所ばしょらせると、エリシャは一ぽんえだおとし、そこにれて、そのおののあたまうかばせ、

7 「それをりあげよ」とったので、そのひとべてそれをった。

8 かつてスリヤのおうがイスラエルとたたかっていたとき、家来けらいたちと評議ひょうぎして「しかじかのところにわたしのじんろう」とうと、

9 かみひとはイスラエルのおうに「あなたは用心ようじんして、このところをとおってはなりません。スリヤびとがそこにくだってきますから」とおくった。

10 それでイスラエルのおうかみひと自分じぶんげてくれたところひとをつかわし、警戒けいかいしたので、そのところでみずからをふせぎえたことは一、二かいにとどまらなかった。

11 スリヤのおうはこのことのためにこころなやまし、家来けらいたちをしてった、「われわれのうち、だれがイスラエルのおうつうじているのか、わたしにげるものはないか」。

12 ひとりの家来けらいった、「おう、わがしゅよ、だれもつうじているものはいません。ただイスラエルの預言者よげんしゃエリシャが、あなたが寝室しんしつかたられる言葉ことばでもイスラエルのおうげるのです」。

13 おうった、「かれがどこにいるかってさがしなさい。わたしはひとをやってかれとらえよう」。ときに「かれはドタンにいる」とおうげるものがあったので、

14 おうはそこにうま戦車せんしゃおよび大軍たいぐんをつかわした。かれらはよるのうちにて、そのまちかこんだ。

15 かみひと召使めしつかいあさはやきてると、軍勢ぐんぜいうま戦車せんしゃをもってまちかこんでいたので、その若者わかものはエリシャにった、「ああ、わがしゅよ、わたしたちはどうしましょうか」。

16 エリシャはった、「おそれることはない。われわれとともにいるものかれらとともにいるものよりもおおいのだから」。

17 そしてエリシャがいのって「しゅよ、どうぞ、かれひらいてさせてください」とうと、しゅはその若者わかものひらかれたので、かれると、うま戦車せんしゃやまちてエリシャのまわりにあった。

18 スリヤびとがエリシャのところくだってきたとき、エリシャはしゅいのってった、「どうぞ、この人々ひとびとをくらましてください」。するとエリシャの言葉ことばのとおりにかれらのをくらまされた。

19 そこでエリシャはかれらに「これはそのみちではない。これはそのまちでもない。わたしについてきなさい。わたしはあなたがたを、あなたがたのたずねるひとところれてきましょう」とって、かれらをサマリヤへれてった。

20 かれらがサマリヤにはいったとき、エリシャはった、「しゅよ、この人々ひとびとひらいてさせてください」。しゅかれらのひらかれたので、かれらがると、よ、かれらはサマリヤのうちにていた。

21 イスラエルのおうかれらをて、エリシャにった、「わがちちよ、かれらをころしましょうか。かれらをころしましょうか」。

22 エリシャはこたえた、「ころしてはならない。あなたはつるぎとゆみをもって、捕虜ほりょにしたものどもをころすでしょうか。パンとみずかれらのまえそなえてみさせ、その主君しゅくんのもとへかせなさい」。

23 そこでおうかれらのためにさかんなふるまいをもうけた。かれらがみをおわるとかれらをらせたので、その主君しゅくんところかえった。スリヤの略奪りゃくだつたいふたたびイスラエルのにこなかった。

24 こののちスリヤのおうベネハダデはそのぜんぐんあつめ、のぼってきてサマリヤをかこんだので、

25 サマリヤにはげしいききんがった。すなわちかれらがこれをかこんだので、ついに、ろばのあたま一つがぎん八十シケルでられ、はとのふん一カブの四ぶんの一がぎん五シケルでられるようになった。

26 イスラエルのおう城壁じょうへきうえをとおっていたとき、ひとりのおんなかればわって、「わがしゅおうよ、たすけてください」とったので、

27 かれった、「もししゅがあなたをたすけられないならば、なにをもってわたしがあなたをたすけることができよう。ものをもってか、さかぶねのものをもってか」。

28 そしておうおんなたずねた、「何事なにごとなのですか」。彼女かのじょこたえた、「このおんなはわたしにむかって『あなたのをください。わたしたちは、きょうそれをべ、あす、わたしのべましょう』といました。

29 それでわたしたちは、まずわたしのべましたが、つぎわたしが彼女かのじょにむかって『あなたのをください。わたしたちはそれをべましょう』といますと、彼女かのじょはそのかくしました」。

30 おうはそのおんな言葉ことばいて、ころもき、——おう城壁じょうへきうえをとおっていたが、たみると、その荒布あらぬのけていた——

31 そしておうった「きょう、シャパテのエリシャのくびがそのかたうえにすわっているならば、かみがどんなにでもわたしをばっしてくださるように」。

32 さてエリシャはそのいえしていたが、長老ちょうろうたちもきてかれともした。おう自分じぶんところからひとをつかわしたが、エリシャはその使者ししゃがまだかないうちに長老ちょうろうたちにった、「あなたがたは、このひところものがわたしのくびるために、ひとをつかわすのをますか。その使者ししゃがきたならば、じて、うちれてはなりません。かれのうしろに、その主君しゅくん足音あしおとがするではありませんか」。

33 かれがなおかれらとかたっているうちに、おうかれのもとにくだってきてった、「このわざわいしゅからたのです。わたしはどうしてこのうえしゅたなければならないでしょうか」。