列王紀下10
戻る 次へ

第10章

1 アハブはサマリヤに七十にん子供こどもがあった。エヒウは手紙てがみをしたためてサマリヤにおくり、まちのつかさたちと、長老ちょうろうたちと、アハブの子供こども守役もりやくたちとにつたえてった、

2 「あなたがたの主君しゅくん子供こどもたちがあなたがたとともにおり、また戦車せんしゃうまも、堅固けんごまち武器ぶきもあるのだから、この手紙てがみがあなたがたのもとにとどいたならば、すぐ、

3 あなたがたは主君しゅくん子供こどもたちのうちもっともすぐれた、もっと適当てきとうものえらんで、そのちちくらいにすえ、主君しゅくんいえのためにたたかいなさい」。

4 かれらはおおいにおそれてった、「ふたりのおうたちがすでにかれあたることができなかったのに、われわれがどうしてあたることができよう」。

5 そこで宮廷きゅうていのつかさ、まちのつかさ、長老ちょうろうたちと守役もりやくたちはエヒウにひとをつかわしてった、「わたしたちは、あなたのしもべです。すべてあなたがめいじられることをいたします。わたしたちはおうてることをこのみません。あなたがよいとおもわれることをしてください」。

6 そこでエヒウはふたたかれらに手紙てがみおくってった、「もしあなたがたが、わたしに味方みかたし、わたしにしたがおうとするならば、あなたがたの主君しゅくん子供こどもたちのくびって、あすのいまごろエズレルにいるわたしのもとにってきなさい」。そのころ、おう子供こどもたち七十にんかれらをそだてていたまちのおもだった人々ひとびとともにいた。

7 かれらはその手紙てがみると、おう子供こどもたちをとらえて、その七十にんをことごとくころし、そのくびをかごにつめて、エズレルにいるエヒウのもとにおくった。

8 使者ししゃて、エヒウにげ、「人々ひとびとおう子供こどもたちのくびってきました」とうと、「あくるあさまでそれをもん入口いりぐちに、ふたやまんでおけ」とった。

9 あさになると、かれってち、すべてのたみった、「あなたがたはただしい。主君しゅくんにそむいてかれころしたのはわたしです。しかしこのすべてのものどもをころしたのはだれですか。

10 これであなたがたは、しゅがアハブのいえについてげられたしゅ言葉ことばひとつもちないことをりなさい。しゅは、そのしもべエリヤによっておげになったことをなしげられたのです」。

11 こうしてエヒウは、アハブのいえぞくするものでエズレルにのこっているものをことごとくころし、またそのすべてのおもだったもの、そのしたしいものおよびその祭司さいしたちをころして、かれぞくするものはひとりものこさなかった。

12 さてエヒウはってサマリヤへったが、途中とちゅう牧者ぼくしゃあつまりで、

13 ユダのおうアハジヤの身内みうち人々ひとびとい、「あなたがたはどなたですか」とうと、「わたしたちはアハジヤの身内みうちものですが、おう子供こどもたちと、おうはは子供こどもたちの安否あんぴうためにくだってきたのです」とこたえたので、

14 エヒウは「かれらをいけどれ」とめいじた。そこでかれらをいけどって、あつまりあなのかたわらでかれら四十二にんをことごとくころし、ひとりをものこさなかった。

15 エヒウはそこをってったが、自分じぶんむかえにきたレカブのヨナダブにったので、かれにあいさつして、「あなたのこころは、わたしがあなたにたいするように真実しんじつですか」とうと、ヨナダブは「真実しんじつです」とこたえた。するとエヒウは「それならば、あなたのをわたしにべなさい」とったので、そのべると、かれいて自分じぶんくるまのぼらせ、

16 「わたしと一緒いっしょにきて、わたしがしゅ熱心ねっしんなのをなさい」とった。そしてかれ自分じぶんくるませ、

17 サマリヤへって、アハブにぞくするもので、サマリヤにのこっているものをことごとくころして、その一族いちぞくほろぼした。しゅがエリヤにおげになった言葉ことばのとおりである。

18 いでエヒウはたみをことごとくあつめてかれらにった、「アハブはすこしばかりバアルにつかえたが、エヒウはおおいにこれにつかえるであろう。

19 それゆえ、いまバアルのすべての預言者よげんしゃ、すべての礼拝者れいはいしゃ、すべての祭司さいしをわたしのもとにしなさい。ひとりもこないもののないようにしなさい。わたしはおおいなる犠牲ぎせいをバアルにささげようとしている。すべてこないものかしておかない」。しかしエヒウはバアルの礼拝者れいはいしゃたちをほろぼすためにいつわってこうしたのである。

20 そしてエヒウは「バアルのためにせいかいもよおしなさい」とめいじたので、かれらはこれを布告ふこくした。

21 エヒウはあまねくイスラエルにひとをつかわしたので、バアルの礼拝者れいはいしゃたちはことごとくた。こないでのこったものはひとりもなかった。かれらはバアルのみやにはいったので、バアルのみやたんからたんまでいっぱいになった。

22 そのときエヒウは衣装いしょうをつかさどるものに「祭服さいふくしてバアルのすべての礼拝者れいはいしゃあたえよ」とったので、かれらのために祭服さいふくした。

23 そしてエヒウはレカブのヨナダブとともにバアルのみやはいり、バアルの礼拝者れいはいしゃたちにった、「調しらべてみて、ここにはただバアルの礼拝者れいはいしゃのみで、しゅのしもべはひとりも、あなたがたのうちにいないようにしなさい」。

24 こうしてかれ犠牲ぎせい燔祭はんさいとをささげるためにはいった。さてエヒウは八十にんものそといてった、「わたしがあなたがたのわたものをひとりでものがものは、自分じぶんいのちをもってそのひといのちえなければならない」。

25 こうして燔祭はんさいをささげることがおわったとき、エヒウはその侍衛じえい将校しょうこうたちにった、「はいってかれらをころせ。ひとりもがしてはならない」。侍衛じえい将校しょうこうたちはつるぎをもってかれらをころし、それをして、バアルのみや本殿ほんでんはいり、

26 バアルのみやにあるはしらぞうして、それをいた。

27 またかれらはバアルの石柱せきちゅうをこわし、バアルのみやをこわして、かわやとしたが今日こんにちまでのこっている。

28 このようにエヒウはイスラエルのうちからバアルを一掃いっそうした。

29 しかしエヒウはイスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみ、すなわちベテルとダンにあるきんうしつかえることをやめなかった。

30 しゅはエヒウにわれた、「あなたはわたしのにかなうことおこなうにあたって、よくそれをおこない、またわたしのこころにあるすべてのことをアハブのいえにしたので、あなたの子孫しそんは四だいまでイスラエルのくらいするであろう」。

31 しかしエヒウはイスラエルのかみしゅ律法りっぽうこころをつくしてまもおこなおうとはせず、イスラエルにつみおかさせたヤラベアムのつみはなれなかった。

32 このときにあたって、しゅはイスラエルの領地りょうちることをはじめられた。すなわちハザエルはイスラエルのすべての領域りょういきおかし、

33 ヨルダンのひがしで、ギレアデのぜん、カドびと、ルベンびと、マナセびとのおかし、アルノンかわのほとりにあるアロエルからギレアデとバシャンにおよんだ。

34 エヒウのその事績じせきと、かれがしたすべてのことおよびその武勇ぶゆうは、ことごとくイスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

35 エヒウはその先祖せんぞたちとともねむったので、かれをサマリヤにほうむった。そのエホアハズがかわっておうとなった。

36 エヒウがサマリヤでイスラエルをおさめたのは二十八ねんであった。