列王紀下1
戻る 次へ

列王紀れつおうき

第1章

1 アハブがんだのち、モアブはイスラエルにそむいた。

2 さてアハジヤはサマリヤにある高殿たかどののらんかんからちて病気びょうきになったので、使者ししゃをつかわし、「ってエクロンのかみバアル・ゼブブに、この病気びょうきがなおるかどうかをたずねよ」とめいじた。

3 ときに、しゅ使つかいはテシベびとエリヤにった、「って、のぼってき、サマリヤのおう使者ししゃっていなさい、『あなたがたがエクロンのかみバアル・ゼブブにたずねようとしてくのは、イスラエルにかみがないためか』。

4 それゆえしゅはこうおおせられる、『あなたは、のぼった寝台しんだいからりることなく、かならぬであろう』」。そこでエリヤはのぼってった。

5 使者ししゃたちがアハジヤのもとにかえってきたので、アハジヤはかれらにった、「なぜかえってきたのか」。

6 かれらはった、「ひとりのひとのぼってきて、われわれにっていました、『おまえたちをつかわしたおうところかえっていなさい。しゅはこうおおせられる、あなたがエクロンのかみバアル・ゼブブにたずねようとしてひとをつかわすのは、イスラエルにかみがないためなのか。それゆえあなたは、のぼった寝台しんだいからりることなく、かならぬであろう』」。

7 アハジヤはかれらにった、「のぼってきて、あなたがたにって、これらのことげたひとはどんなひとであったか」。

8 かれらはこたえた、「そのひとごろもをて、こしかわおびめていました」。かれった、「そのひとはテシべびとエリヤだ」。

9 そこでおうは五十にんちょうを、部下ぶかの五十にんともにエリヤのところへつかわした。かれがエリヤのところのぼっていくと、エリヤはやまいただきにすわっていたので、エリヤにった、「かみひとよ、おうがあなたに、くだってるようにとわれます」。

10 しかしエリヤは五十にんちょうこたえた、「わたしがもしかみひとであるならば、てんからくだって、あなたと部下ぶかの五十にんとをつくすでしょう」。そのようにてんからくだって、かれ部下ぶかの五十にんとをつくした。

11 おうはまたの五十にんちょうを、部下ぶかの五十にんともにエリヤにつかわした。かれのぼっていってエリヤにった、「かみひとよ、おうがこうめいじられます、『すみやかにくだってきなさい』」。

12 しかしエリヤはかれらにこたえた、「わたしがもしかみひとであるならば、てんからくだって、あなたと部下ぶかの五十にんとをつくすでしょう」。そのようにかみてんからくだって、かれ部下ぶかの五十にんとをつくした。

13 おうはまただい三の五十にんちょう部下ぶかの五十にんともにつかわした。だい三の五十にんちょうのぼっていって、エリヤのまえにひざまずき、かれねがってった、「かみひとよ、どうぞ、わたしのいのちと、あなたのしもべであるこの五十にんいのちをあなたのたっといものとみなしてください。

14 ごらんなさい、てんからくだって、さきの五十にんちょうふたりと、その部下ぶかの五十にんずつとをつくしました。しかしいまわたしのいのちをあなたのたっといものとみなしてください」。

15 そのときしゅ使つかいはエリヤにった、「かれともくだりなさい。かれおそれてはならない」。そこでエリヤはって、かれともくだり、おうのもとへって、

16 おうった、「しゅはこうおおせられます、『あなたはエクロンのかみバアル・ゼブブにたずねようと使者ししゃをつかわしたが、それはイスラエルに、その言葉ことばもとむべきかみがないためであるか。それゆえあなたは、のぼった寝台しんだいからりることなく、かならぬであろう』」。

17 かれはエリヤがったしゅ言葉ことばのとおりにんだが、かれがなかったので、その兄弟きょうだいヨラムがかれかわっておうとなった。これはユダのおうヨシャパテのヨラムのだいねんである。

18 アハジヤのその事績じせきは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。