列王紀下13
戻る 次へ

第13章

1 ユダのおうアハジヤのヨアシのだい二十三ねんにエヒウのエホアハズはサマリヤでイスラエルのおうとなり、十七ねんおさめた。

2 かれしゅまえあくおこない、イスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみおこないつづけて、それをはなれなかった。

3 そこでしゅはイスラエルにたいしていかりをはっし、エホアハズの治世ちせいあいだえずイスラエルをスリヤのおうハザエルのにわたし、またハザエルのベネハダデのにわたされた。

4 しかしエホアハズがしゅねがもとめたので、しゅはついにこれをきいれられた。スリヤのおうによってなやまされたイスラエルのなやみをられたからである。

5 それでしゅがひとりの救助者きゅうじょしゃをイスラエルにたまわったので、イスラエルの人々ひとびとはスリヤびとのをのがれ、まえのように自分じぶんたちの天幕てんまくむようになった。

6 それにもかかわらず、かれらはイスラエルにつみおかさせたヤラベアムのいえつみはなれず、それをおこないつづけた。またアシラのぞうもサマリヤにったままであった。

7 さきにスリヤのおうかれらをほろぼし、くだくちりのようにしたのでエホアハズの軍勢ぐんぜいのこったものは、ただ騎兵きへい五十にん戦車せんしゃりょう歩兵ほへい一万にんのみであった。

8 エホアハズその事績じせきと、かれがしたすべてのことおよびその武勇ぶゆうは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

9 エホアハズは先祖せんぞたちとともねむったので、かれをサマリヤにほうむった。そのヨアシがかわっておうとなった。

10 ユダのおうヨアシのだい三十七ねんに、エホアハズのヨアシはサマリヤでイスラエルのおうとなり、十六ねんおさめた。

11 かれしゅまえあくおこない、イスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのもろもろのつみはなれず、それにあゆんだ。

12 ヨアシのその事績じせきと、かれがしたすべてのことおよびユダのおうアマジヤとたたかったその武勇ぶゆうは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

13 ヨアシは先祖せんぞたちとともねむって、ヤラベアムがそのくらいした。そしてヨアシはイスラエルのおうたちとおなじくサマリヤにほうむられた。

14 さてエリシャは病気びょうきにかかっていたが、イスラエルのおうヨアシはくだってきてかれかおうえなみだながし、「わがちちよ、わがちちよ、イスラエルの戦車せんしゃよ、その騎兵きへいよ」とった。

15 エリシャはかれに「ゆみりなさい」とったので、ゆみった。

16 エリシャはまたイスラエルのおうに「ゆみをかけなさい」とったので、をかけた。するとエリシャは自分じぶんおううえにおき、

17 ひがしきのまどをあけなさい」とったので、それをあけると、エリシャはまた「なさい」とった。かれると、エリシャはった、「しゅすくい、スリヤにたいするすくい。あなたはアペクでスリヤびとをやぶり、かれらをほろぼしつくすであろう」。

18 エリシャはまた「りなさい」とったので、それをった。エリシャはまたイスラエルのおうに「それをもってなさい」とったので、三てやめた。

19 するとかみひといかってった、「あなたは五も六るべきであった。そうしたならば、あなたはスリヤをやぶり、それをほろぼしつくすことができたであろう。しかしいまあなたはそうしなかったので、スリヤをやぶることはただ三だけであろう」。

20 こうしてエリシャはんでほうむられた。さてモアブの略奪りゃくだつたいとしあらたまるごとに、くににはいってるのをつねとした。

21 ときに、ひとりのひとほうむろうとするものがあったが、略奪りゃくだつたいたので、そのひとをエリシャのはかれてった。そのひとはエリシャのほねれるとすぐきかえってちあがった。

22 スリヤのおうハザエルはエホアハズの一生いっしょうあいだ、イスラエルをなやましたが、

23 しゅはアブラハム、イサク、ヤコブとむすばれた契約けいやくのゆえにイスラエルをめぐみ、これをあわれみ、これをかえりみてほろぼすことをこのまず、なおこれをみまえからてられなかった。

24 スリヤのおうハザエルはついにんで、そのベネハダデがかわっておうとなった。

25 そこでエホアハズのヨアシは、ちちエホアハズがハザエルにられた町々まちまちを、ハザエルのベネハダデのからかえした。すなわちヨアシは三かれやぶって、イスラエルの町々まちまちかえした。