列王紀下3
戻る 次へ


第3章

1 ユダのおうヨシャパテのだい十八ねんにアハブのヨラムはサマリヤでイスラエルのおうとなり、十二ねんおさめた。

2 かれしゅまえあくをおこなったが、その父母ふぼのようではなかった。かれがそのちちつくったバアルの石柱せきちゅうのぞいたからである。

3 しかしかれはイスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみにつきしたがって、それをはなれなかった。

4 モアブのおうメシャはひつじ飼育しいくもので、十万の小羊こひつじと、十万の雄羊おひつじとを年々ねんねんイスラエルのおうおさめていたが、

5 アハブがんだのち、モアブのおうはイスラエルのおうにそむいた。

6 そこでヨラムおうはそのときサマリヤをて、イスラエルびとをことごとくあつめ、

7 また、ひとをユダのおうヨシャパテにつかわし、「モアブのおうはわたしにそむきました。あなたはモアブとたたかうために、わたしと一緒いっしょかれませんか」とわせた。かれった、「きましょう。わたしはあなたと一つです。わたしのたみはあなたのたみと一つです。わたしのうまはあなたのうまと一つです」。

8 かれはまたった、「われわれはどのみちのぼるのですか」。ヨラムはこたえた、「エドムの荒野あらのみちのぼりましょう」。

9 こうしてイスラエルのおうはユダのおうおよびエドムのおうともった。しかしかれらはまわみちをして、七日なぬかあいだすすんだが、軍勢ぐんぜいとそれにしたが家畜かちくみずがなかったので、

10 イスラエルのおうった、「ああ、しゅは、この三にんおうをモアブのわたそうとしてあつめられたのだ」。

11 ヨシャパテはった、「われわれがしゅうことのできるしゅ預言者よげんしゃはここにいませんか」。イスラエルのおうのひとりの家来けらいこたえた、「エリヤのみずそそいだシャパテのエリシャがここにいます」。

12 ヨシャパテはった、「しゅ言葉ことばかれにあります」。そこでイスラエルのおうとヨシャパテとエドムのおうとはかれのもとへくだっていった。

13 エリシャはイスラエルのおうった、「わたしはあなたとなんのかかわりがありますか。あなたの父上ちちうえ預言者よげんしゃたちと母上ははうえ預言者よげんしゃたちのところきなさい」。イスラエルのおうかれった、「いいえ、しゅがこの三にんおうをモアブのわたそうとしてあつめられたのです」。

14 エリシャはった、「わたしのつかえる万軍ばんぐんしゅきておられます。わたしはユダのおうヨシャパテのためにするのでなければ、あなたをかえりみ、あなたにうことはしないのだが、

15 いま楽人がくじんをわたしのところれてきなさい」。そこで楽人がくじんがくそうすると、しゅかれのぞんで、

16 かれった、「しゅはこうおおせられる、『わたしはこのたにみずたまりでたそう』。

17 これはしゅがこうおおせられるからである、『あなたがたはかぜあめないのに、このたにみずちて、あなたがたと、その家畜かちくおよびけものむであろう』。

18 これはしゅにはちいさいことである。しゅはモアブびとをも、あなたがたのわたされる。

19 そしてあなたがたはすべての堅固けんごまちと、すべてのまちち、すべてのたおし、すべてのみず井戸いどをふさぎ、いしをもってのすべてのところあらすであろう」。

20 あくるあさになって、そなものをささげるときに、みずがエドムのほうからながれてきて、みずくにちた。

21 さてモアブびとはみなおうたちが自分じぶんたちをめるためにのぼってきたのをいたので、よろいをることのできるものを、いもわかきもことごとく召集しょうしゅうして、国境こっきょう配置はいちしたが、

22 あさはやくきて、太陽たいようがのぼってみずてらしたとき、モアブびとはまえのようにあかみずたので、

23 かれらはった、「これはだ、きっとおうたちがたがいたたかってころったのだ。だから、モアブよ、ぶんどりにきなさい」。

24 しかしモアブびとがイスラエルの陣営じんえいくと、イスラエルびとはちあがってモアブびとをったので、かれらはイスラエルのまえからった。イスラエルびとはすすんで、モアブびとをち、そのくににはいって、

25 町々まちまちほろぼし、おのおのいしを一つずつ、のすべてのところげて、これにたし、みず井戸いどをことごとくふさぎ、をことごとくたおして、ただキル・ハラセテはそののこすのみとなったが、いしげるものがこれをかこんでほろぼした。

26 モアブのおうたたかいがあまりにはげしく、あたりがたいのをて、つるぎをもの七百にんひきい、エドムのおうところはいろうとしたが、はたさなかったので、

27 自分じぶんくらいぐべきその長子ちょうしをとって城壁じょうへきうえ燔祭はんさいとしてささげた。そのときイスラエルにおおいなるいきどおりがのぞんだので、かれらはかれをすてて自分じぶんくにかえった。