列王紀下8
戻る 次へ

第8章

1 エリシャはかつて、そのきかえらせてやったおんなったことがある。「あなたは、ここをって、あなたの家族かぞくともき、寄留きりゅうしようとおもところ寄留きりゅうしなさい。しゅがききんをくだされたので、七ねんあいだそれがこののぞむから」。

2 そこでおんなってかみひと言葉ことばのようにし、その家族かぞくともってペリシテびとのに七ねん寄留きりゅうした。

3 ねんたってのちおんなはペリシテびとのからかえってきて、自分じぶんいえはたけのためにおううったえようとていった。

4 ときおうかみひとのしもべゲハジにむかって「エリシャがしたもろもろのおおきなことをわたしにはなしてください」とって、かれ物語ものがたっていた。

5 すなわちエリシャが死人しにんきかえらせたことを、ゲハジがおう物語ものがたっていたとき、そのきかえらせてもらったおんなが、自分じぶんいえはたけのためにおううったえてきたので、ゲハジはった、「わがしゅおうよ、これがそのおんなです。またこれがそので、エリシャがきかえらせたのです」。

6 おうがそのおんなたずねると、彼女かのじょおうはなしたので、おう彼女かのじょのためにひとりの役人やくにんめいじてった、「すべて彼女かのじょぞくするもの、ならびに彼女かのじょがこのったからいままでのそのはたけ産物さんぶつをことごとく彼女かのじょかえしなさい」。

7 さてエリシャはダマスコにた。ときにスリヤのおうベネハダデは病気びょうきであったが、「かみひとがここにた」とげるものがあったので、

8 おうはハザエルにった、「おくものたずさえてってかみひとむかえ、かれによってしゅに『わたしのこの病気びょうきはなおりましょうか』とってたずねなさい」。

9 そこでハザエルはかれむかえようと、ダマスコのもろもろのものをらくだ四十とうせ、おくものとしてたずさき、エリシャのまえってった、「あなたの、スリヤのおうベネハダデがわたしをあなたにつかわして、『わたしのこの病気びょうきはなおりましょうか』とわせています」。

10 エリシャはかれった、「ってかれに『あなたはかならずなおります』とげなさい。ただししゅはわたしに、かれかならぬことをしめされました」。

11 そしてかみひとがひとみをさだめてかれじるまでにつめ、やがてしたので、

12 ハザエルはった、「わがしゅよ、どうしてかれるのですか」。エリシャはこたえた、「わたしはあなたがイスラエルの人々ひとびとにしようとする害悪がいあくっているからです。すなわち、あなたはかれらのしろをかけ、つるぎをもって若者わかものころし、おさげうち、妊娠にんしんおんなくでしょう」。

13 ハザエルはった、「しもべは一ぴきいぬにすぎないのに、どうしてそんなおおきなことをすることができましょう」。エリシャはった、「しゅがわたしにしめされました。あなたはスリヤのおうとなるでしょう」。

14 かれがエリシャのもとをって、主君しゅくんのところへくと、「エリシャはあなたになんとったか」とたずねられたので、「あなたがかならずなおるでしょうと、かれはわたしにげました」とこたえた。

15 しかし翌日よくじつになってハザエルはぬのってみずひたし、それをもっておうかおをおおったので、おうんだ。ハザエルはかれかわっておうとなった。

16 イスラエルのおうアハブのヨラムのだいねんに、ユダのおうヨシャパテのヨラムがくらいについた。

17 かれおうとなったとき三十二さいで、八ねんあいだエルサレムでおさめた。

18 かれはアハブのいえがしたようにイスラエルのおうたちのみちあゆんだ。アハブのむすめかれつまであったからである。かれしゅまえあくをおこなったが、

19 しゅはしもべダビデのためにユダをほろぼすことをこのまれなかった。すなわちしゅかれとその子孫しそんつねにともしびをあたえると、かれ約束やくそくされたからである。

20 ヨラムのにエドムがそむいてユダの支配しはいだっし、みずからおうてたので、

21 ヨラムはすべての戦車せんしゃしたがえてザイルにわたってき、その戦車せんしゃ指揮しきかんたちとともに、のうちにちあがって、かれ包囲ほういしているエドムびとをった。しかしヨラムの軍隊ぐんたい天幕てんまくかえった。

22 エドムはこのようにそむいてユダの支配しはいだっし、今日こんにちいたっている。リブナもまた同時どうじにそむいた。

23 ヨラムのその事績じせきおよびかれがしたすべてのことは、ユダの歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

24 ヨラムはその先祖せんぞたちとともねむって、ダビデのまちにその先祖せんぞたちとともほうむられ、そのアハジヤがかわっておうとなった。

25 イスラエルのおうアハブのヨラムのだい十二ねんにユダのおうヨラムのアハジヤがくらいについた。

26 アハジヤはおうとなったとき二十二さいで、エルサレムで一ねんおさめた。そのははをアタリヤとって、イスラエルのおうオムリの孫娘まごむすめであった。

27 アハジヤはまたアハブのいえみちあゆみ、アハブのいえがしたようにしゅまえあくをおこなった。かれはアハブのいえ婿むこであったからである。

28 かれはアハブのヨラムとともって、スリヤのおうハザエルとラモテ・ギレアデでたたかったが、スリヤびとらはヨラムにきずわせた。

29 ヨラムおうはそのスリヤのおうハザエルとたたかうときにラマでスリヤびとにわされたきずをいやすため、エズレルにかえったが、ユダのおうヨラムのアハジヤはアハブのヨラムがんでいたので、エズレルにくだってかれをおとずれた。