列王紀下15
戻る 次へ

第15章

1 イスラエルのおうヤラベアムのだい二十七ねんに、ユダのおうアマジヤのアザリヤがおうとなった。

2 かれおうとなったときは十六さいで、五十二ねんあいだエルサレムでおさめた。そのはははエルサレムの出身しゅっしんで、をエコリアといった。

3 かれしゅにかなうことおこない、すべてのことちちアマジヤがったようにおこなった。

4 ただしたかところのぞかなかったので、たみはなおそのたかところ犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。

5 しゅおうたれたので、そのまで、らい病人びょうにんとなって、はなんだ。おうヨタムがいえこと管理かんりし、くにたみをさばいた。

6 アザリヤのその事績じせきと、かれがしたすべてのことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

7 アザリヤはその先祖せんぞたちとともねむったので、かれをダビデのまちにその先祖せんぞたちとともほうむった。そのヨタムがかわっておうとなった。

8 ユダのおうアザリヤのだい三十八ねんにヤラベアムのゼカリヤがサマリヤでイスラエルのおうとなり、六かげつおさめた。

9 かれはその先祖せんぞたちがおこなったようにしゅまえあくおこない、イスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみはなれなかった。

10 ヤベシのシャルムが徒党ととうむすんでかれてきし、イブレアムでかれころし、かれかわっておうとなった。

11 ゼカリヤのその事績じせきは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされている。

12 しゅはかつてエヒウに、「あなたの子孫しそんは四だいまでイスラエルのくらいするであろう」とげられたが、はたしてそのとおりになった。

13 ヤベシのシャルムはユダのおうウジヤのだい三十九ねんおうとなり、サマリヤで一かげつおさめた。

14 ときにガデのメナヘムがテルザからサマリヤにのぼってきて、ヤベシのシャルムをサマリヤでころし、かれかわっておうとなった。

15 シャルムのその事績じせきと、かれ徒党ととうむすんだことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされている。

16 そのときメナヘムはテルザからすすんでいって、タップアと、そのうちにいるすべてのもの、およびその領域りょういきった。すなわちかれらがかれのためにひらかなかったので、これをって、そのうちの妊娠にんしんおんなをことごとくいた。

17 ユダのおうアザリヤのだい三十九ねんに、ガデのメナヘムはイスラエルのおうとなり、サマリヤで十ねんあいだおさめた。

18 かれしゅまえあくおこない、イスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみ一生いっしょうあいだはなれなかった。

19 ときにアッスリヤのおうプルがくにめてきたので、メナヘムはぎん一千タラントをプルにあたえた。これはかれがプルのたすけをて、くに自分じぶんのうちにつよくするためであった。

20 すなわちメナヘムはそのぎんをイスラエルのすべてのめるものし、その人々ひとびとにおのおのぎん五十シケルをさせてアッスリヤのおうあたえた。こうしてアッスリヤのおうくににとどまらないでかえっていった。

21 メナヘムのその事績じせきかれがしたすべてのことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

22 メナヘムは先祖せんぞたちとともねむり、そのペカヒヤがかわっておうとなった。

23 メナヘムのペカヒヤはユダのおうアザリヤのだい五十ねんに、サマリヤでイスラエルのおうとなり、二ねんあいだおさめた。

24 かれしゅまえあくおこない、イスラエルにつみおかせたネバテのヤラベアムのつみはなれなかった。

25 ときかれ副官ふくかんであったレマリヤのペカが、ギレアデびと五十にんとも徒党ととうむすんでかれてきし、サマリヤの、おう宮殿きゅうでん天守てんしゅかれころした。すなわちペカはかれころし、かれかわっておうとなった。

26 ペカヒヤのその事績じせきかれがしたすべてのことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされている。

27 レマリヤのペカはユダのおうアザリヤのだい五十二ねんに、サマリヤでイスラエルのおうとなり、二十ねんあいだおさめた。

28 かれしゅまえあくをおこない、イスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみはなれなかった。

29 イスラエルのおうペカのに、アッスリヤのおうテグラテピレセルがて、イヨン、アベル・ベテマアカ、ヤノア、ケデシ、ハゾル、ギレアデ、ガリラヤ、ナフタリのぜんり、人々ひとびとをアッスリヤへとらうつした。

30 ときにエラのホセアは徒党ととうむすんで、レマリヤのペカにてきし、かれころし、かれかわっておうとなった。これはウジヤのヨタムのだい二十ねんであった。

31 ペカのその事績じせきかれがしたすべてのことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされている。

32 レマリヤのイスラエルのおうペカのだいねんに、ユダのおうウジヤのヨタムがおうとなった。

33 かれおうとなったとき二十五さいであったが、エルサレムで十六ねんあいだおさめた。はははザドクのむすめで、をエルシャといった。

34 かれしゅにかなうことおこない、すべてちちウジヤのったようにおこなった。

35 ただしたかところのぞかなかったので、たみはなおそのたかところ犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。かれしゅみやうえもんてた。

36 ヨタムのその事績じせきかれがしたすべてのことは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

37 そのころ、しゅはスリヤのおうレヂンとレマリヤのペカをユダにめこさせられた。

38 ヨタムは先祖せんぞたちとともねむって、その先祖せんぞダビデのまち先祖せんぞたちとともほうむられ、そのアハズがかわっておうとなった。