列王紀下19
戻る 次へ

第19章

1 ヒゼキヤおうはこれをいて、ころもき、荒布あらぬのにまとってしゅみやはいり、

2 宮内卿くないきょうエリアキムと書記官しょきかんセブナおよび祭司さいしのうちの年長者ねんちょうしゃたちに荒布あらぬのをまとわせて、アモツの預言者よげんしゃイザヤのもとにつかわした。

3 かれらはイザヤにった、「ヒゼキヤはこうもうされます、『きょうはなやみと、こらしめと、はずかしめのです。胎児たいじがまさにうまれようとして、これをちからがないのです。

4 あなたのかみしゅはラブシャケがその主君しゅくんアッスリヤのおうにつかわされて、けるかみをそしったもろもろの言葉ことばかれたかもしれません。そしてあなたのかみしゅはそのいた言葉ことばをとがめられるかもしれません。それゆえ、こののこっているもののためにいのりをささげてください』」。

5 ヒゼキヤおう家来けらいたちがイザヤのもとにたとき、

6 イザヤはかれらにった、「あなたがたの主君しゅくんにこういなさい、『しゅはこうおおせられる、アッスリヤのおう家来けらいたちが、わたしをそしった言葉ことばいておそれるにはおよばない。

7 よ、わたしは一つのれいかれらのうちにおくって、一つのうわさをかせ、かれ自分じぶんくにかえらせて、自分じぶんくにでつるぎにたおれさせるであろう』」。

8 ラブシャケはかえして、アッスリヤのおうがリブナをめているところへった。かれおうのラキシをったことをいたからである。

9 このときアッスリヤのおうはエチオピヤのおうテルハカについて、「かれはあなたとたたかうためにてきた」と人々ひとびとがいうのをいたので、ふたた使者ししゃをヒゼキヤにつかわしてった、

10 「ユダのおうヒゼキヤにこういなさい、『あなたは、エルサレムはアッスリヤのおうおちいることはない、とうあなたの信頼しんらいするかみあざむかれてはならない。

11 あなたはアッスリヤのおうたちがもろもろの国々くにぐににしたことかれらをまったほろぼしたこといている。どうしてあなたがすくわれることができようか。

12 わたしのちちたちはゴザン、ハラン、レゼフ、およびテラサルにいたエデンの人々ひとびとほろぼしたが、その国々くにぐに神々かみがみかれらをすくったか。

13 ハマテのおう、アルパデのおう、セパルワイムのまちおう、ヘナのおうおよびイワのおうはどこにいるのか』」。

14 ヒゼキヤは使者ししゃから手紙てがみってそれをみ、しゅみやにのぼっていって、しゅまえにそれをひろげ、

15 そしてヒゼキヤはしゅまえいのってった、「ケルビムのうえしておられるイスラエルのかみしゅよ、のすべてのくにのうちで、ただあなただけがかみでいらせられます。あなたはてんつくられました。

16 しゅよ、みみかたむけていてください。しゅよ、ひらいてごらんください。セナケリブがけるかみをそしるためにおくった言葉ことばをおきください。

17 しゅよ、まことにアッスリヤのおうたちはもろもろのたみとその国々くにぐにほろぼし、

18 またその神々かみがみれました。それらはかみではなく、ひとつくったもので、いしだからほろぼされたのです。

19 われわれのかみしゅよ、どうぞ、いまわれわれをかれからすくしてください。そうすれば国々くにぐにみなしゅであるあなただけがかみでいらせられることをるようになるでしょう」。

20 そのときアモツのイザヤはひとをつかわしてヒゼキヤにった、「イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、『アッスリヤのおうセナケリブについてあなたがわたしにいのったことはいた』。

21 しゅかれについてかたられた言葉ことばはこうである、『処女しょじょであるシオンのむすめはあなたをあなどり、あなたをあざける。エルサレムのむすめはあなたのうしろであたまる。

22 あなたはだれをそしり、だれをののしったのか。あなたはだれにむかってこえをあげ、たかくあげたのか。イスラエルの聖者せいじゃにむかってしたのだ。

23 あなたは使者ししゃをもってしゅをそしってった、「わたしはおおくの戦車せんしゃをひきいて山々やまやまいただきにのぼり、レバノンのおくき、たけのたか香柏こうはくもっといいとすぎをたおし、またそのはて野営やえいき、その密林みつりんにはいった。

24 わたしは井戸いどって外国がいこくみずんだ。わたしはあしうらで、エジプトのすべてのかわみからした」。

25 あなたはかなかったか、むかしわたしがこれをさだめたことを。堅固けんご町々まちまちをあなたが荒塚あらつかとすることも、いにしえのからわたしが計画けいかくしていまこれをおこなうのだ。

26 そのうちにたみちからよわくおののき、はじをいだいて、くさのように、青菜あおなのようになり、そだたないでれる屋根やねくさのようになった。

27 わたしはあなたのすわること、出入でいりすること、わたしにむかっていかさけんだことをもっている。

28 あなたがわたしにむかっていかさけんだことと、あなたの高慢こうまんがわたしのみみにはいったため、わたしはあなたのはなをつけ、あなたのくちにくつわをはめて、あなたをもときたみちきもどすであろう』。

29 『あなたにあたえるしるしはこれである。すなわち、ことしはからはえたものをべ、二ねんにはまたそのからはえたものをべ、三ねんにはたねをまき、れ、ぶどうはたけつくってそのべるであろう。

30 ユダのいえののがれてのこものふたたしたり、うえむすぶであろう。

31 すなわちのこものがエルサレムからてき、のがれたものがシオンのやまからるであろう。しゅ熱心ねっしんがこれをされるであろう』。

32 それゆえ、しゅはアッスリヤのおうについて、こうおおせられる、『かれはこのまちにこない、またここにはなたない、たてをもってそのまえることなく、またるいきずいてこれをめることはない。

33 かれみちかえって、このまちに、はいることはない。しゅがこれをう。

34 わたしは自分じぶんのため、またわたしのしもべダビデのためにこのまちまもって、これをすくうであろう』」。

35 そのよるしゅ使つかいて、アッスリヤの陣営じんえいで十八万五千にんころした。人々ひとびとあさはやきてると、かれらはみな死体したいとなっていた。

36 アッスリヤのおうセナケリブはり、かえってってニネベにいたが、

37 そのかみニスロクの神殿しんでん礼拝れいはいしていたとき、そのアデランメレクとシャレゼルが、つるぎをもってかれころし、ともにアララテのげてった。そこでそのエサルハドンがかわっておうとなった。