列王紀下25
戻る 次へ

第25章

1 そこでゼデキヤの治世ちせいだいねんの十がつに、バビロンのおうネブカデネザルはもろもろの軍勢ぐんぜいひきい、エルサレムにきて、これにむかってじんり、周囲しゅういにとりでをきずいてこれをめた。

2 こうしてまちかこまれて、ゼデキヤおうだい十一ねんにまでおよんだが、

3 その四がつになって、まちのうちにききんがはげしくなり、そのたみ食物しょくもつがなくなった。

4 まち一角いっかくがついにやぶれたので、おうはすべての兵士へいしとともに、おうそののかたわらにある二つの城壁じょうへきのあいだのもんみちからよるのうちにして、カルデヤびとがまちかこんでいるあいだに、アラバのほうびた。

5 しかしカルデヤびとの軍勢ぐんぜいおうい、エリコの平地へいちかれいついた。かれ軍勢ぐんぜいはみなかれはなれてったので、

6 カルデヤびとはおうとらえ、かれをリブラにいるバビロンのおうのもとへいていってかれつみさだめ、

7 ゼデキヤのたちをゼデキヤのまえころし、ゼデキヤのをえぐり、あしかせをかけてバビロンへれてった。

8 バビロンのおうネブカデネザルのだい十九ねんの五ごがつ七日なぬかに、バビロンのおうしん侍衛じえいちょうネブザラダンがエルサレムにきて、

9 しゅみやおういえとエルサレムのすべてのいえいた。すなわちをもってすべてのおおきないえいた。

10 また侍衛じえいちょうともにいたカルデヤびとのすべての軍勢ぐんぜいはエルサレムの周囲しゅうい城壁じょうへき破壊はかいした。

11 そして侍衛じえいちょうネブザラダンは、まちのこされたたみおよびバビロンおう降服こうふくしたもののこりの群衆ぐんしゅうとらうつした。

12 ただし侍衛じえいちょうはそのまずしいもののこして、ぶどうをつくものとし、農夫のうふとした。

13 カルデヤびとはまたしゅみや青銅せいどうはしらと、しゅみや洗盤せんばんだいと、青銅せいどううみくだいて、その青銅せいどうをバビロンにはこび、

14 またつぼと、十能じゅうのうと、心切しんきりばさみと、こうさらおよびすべて神殿しんでんつとめもちいる青銅せいどううつわ

15 また心取しんとざらはちった。侍衛じえいちょうはまたきんつくったものぎんつくったものった。

16 ソロモンがしゅみやのためにつくった二つのはしらと、一つのうみ洗盤せんばんだいなど、これらのもろもろのうつわ青銅せいどうおもさははかることができなかった。

17 一つのはしらたかさは十八キュビトで、そのうえ青銅せいどう柱頭ちゅうとうがあり、柱頭ちゅうとうたかさは三キュビトで、柱頭ちゅうとう周囲しゅういあみ細工さいくとざくろがあって、みな青銅せいどうであった。はしらもそのあみ細工さいくもこれとおなじであった。

18 侍衛じえいちょう祭司さいしちょうセラヤと次席じせき祭司さいしゼパニヤと三にんもんまもものとらえ、

19 また兵士へいしをつかさどるひとりの役人やくにんと、おうまえにはべるもののうち、まちつかったものにんと、そのたみつのった軍勢ぐんぜいちょう書記官しょきかんと、まちつかったそのたみ六十にんまちからとらった。

20 侍衛じえいちょうネブザラダンはかれらをとらえて、リブラにいるバビロンのおうのもとへれてったので、

21 バビロンのおうはハマテののリブラでかれらをころした。このようにしてユダはそのからとらうつされた。

22 さてバビロンのおうネブカデネザルはユダののこしてとどまらせたたみうえに、シャパンのアヒカムのであるゲダリヤをてて総督そうとくとした。

23 とき軍勢ぐんぜいちょうたちおよびその部下ぶか人々ひとびとは、バビロンのおうがゲダリヤを総督そうとくとしたことをいて、ミヅパにいるゲダリヤのもとにきた。すなわちネタニヤのイシマエル、カレヤのヨハナン、ネトパびとタンホメテのセラヤ、マアカびとのヤザニヤおよびその部下ぶか人々ひとびとがゲダリヤのもとにきた。

24 ゲダリヤはかれらとその部下ぶか人々ひとびとちかってった、「あなたがたはカルデヤびとのしもべとなることをおそれてはならない。このんで、バビロンのおうつかえなさい。そうすればあなたがたは幸福こうふくるでしょう」。

25 ところが七がつになって、おう血統けっとうのエリシャマのであるネタニヤのイシマエルは十にんものともにきて、ゲダリヤをころし、またかれともにミヅパにいたユダヤひとと、カルデヤびとをころした。

26 そのため、大小だいしょうたみおよび軍勢ぐんぜいちょうたちは、みなってエジプトへった。かれらはカルデヤびとをおそれたからである。

27 ユダのおうエホヤキンがとらうつされてのち三十七ねんの十二がつ二十七にち、すなわちバビロンのおうエビルメロダクの治世ちせいだいねんに、おうはユダのおうエホヤキンを獄屋ごくやからして

28 ねんごろにかれなぐさめ、そのくらいかれともにバビロンにいるおうたちのくらいよりもたかくした。

29 こうしてエホヤキンはその獄屋ごくやころもぎ、一生いっしょうあいだつねおうまえ食事しょくじした。

30 かれ一生いっしょうあいだ、たえず日々ひびぶんおうからたまわって、その食物しょくもつとした。