列王紀下21
戻る 次へ

第21章

1 マナセは十二さいおうとなり、五十五ねんあいだ、エルサレムでおさめた。はははヘフジバといった。

2 マナセはしゅがイスラエルの人々ひとびとまえからはらわれた国々くにぐにたみにくむべきおこないにならって、しゅまえあくをおこなった。

3 かれちちヒゼキヤがこわしたたかところなおし、またイスラエルのおうアハブがしたようにバアルのために祭壇さいだんきずき、アシラぞうつくり、かつてん万象ばんしょうおがんで、これにつかえた。

4 またしゅみやのうちに数個すうこ祭壇さいだんきずいた。これはしゅが「わたしのをエルサレムにこう」とわれたそのみやである。

5 かれはまたしゅみやの二つのにわてん万象ばんしょうのために祭壇さいだんきずいた。

6 またそのいてささげものとし、うらないをし、魔術まじゅつおこない、口寄くちよせと魔法使まほうつかいもちい、しゅまえおおくのあくって、しゅいかりをおこした。

7 かれはまたアシラの彫像ちょうぞうつくってしゅみやいた。しゅはこのみやについてダビデとそのソロモンにわれたことがある、「わたしはこのみやと、わたしがイスラエルのすべての部族ぶぞくのうちからえらんだエルサレムとに、わたしの永遠えいえんく。

8 もし、かれらがわたしがめいじたすべてのこと、およびわたしのしもべモーセがめいじたすべての律法りっぽうまもおこなうならば、イスラエルのあしを、わたしがかれらの先祖せんぞたちにあたえたから、かさねてまよさせないであろう」。

9 しかしかれらはきいれなかった。マナセが人々ひとびとをいざなってあくおこなったことは、しゅがイスラエルの人々ひとびとまえほろぼされた国々くにぐにたみよりもはなはだしかった。

10 そこでしゅはそのしもべである預言者よげんしゃたちによってわれた、

11 「ユダのおうマナセがこれらのにくむべきことおこない、かれさきにあったアモリびとのったすべてのことよりもわることおこない、またその偶像ぐうぞうをもってユダにつみおかさせたので、

12 イスラエルのかみしゅはこうおおせられる、よ、わたしはエルサレムとユダにわざわいをくだそうとしている。これをものは、そのみみが二つながらるであろう。

13 わたしはサマリヤをはかったはかりなわと、アハブのいえもちいたりをエルサレムにほどこし、ひとさらをぬぐい、これをぬぐってせるように、エルサレムをぬぐいる。

14 わたしは、わたしのぎょうたみのこりをて、かれらをてきわたす。かれらはもろもろのてきのえじきとなり、略奪りゃくだつにあうであろう。

15 これはかれらの先祖せんぞたちがエジプトをから今日こんにちいたるまで、かれらがわたしのまえあくって、わたしをいからせたためである」。

16 マナセはまたしゅまえあくって、ユダにつみおかさせたそのつみのほかに、つみなきものおおながして、エルサレムのこのはてから、かのはてにまでたした。

17 マナセのその事績じせきと、かれがおこなったすべてのことおよびそのおかしたつみは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

18 マナセは先祖せんぞたちとともねむって、そのいえそのすなわちウザのそのほうむられ、そのアモンがかわっておうとなった。

19 アモンはおうとなったとき二十二さいであって、エルサレムで二ねんあいだおさめた。はははヨテバのハルツのむすめで、をメシュレメテといった。

20 アモンはそのちちマナセのおこなったように、しゅまえあくおこなった。

21 すなわちかれはすべてそのちちあゆんだみちあゆみ、ちちつかえた偶像ぐうぞうつかえて、これをおがみ、

22 先祖せんぞたちのかみしゅてて、しゅみちあゆまなかった。

23 アモンの家来けらいたちはついにかれてきして徒党ととうむすび、おうをそのいえころしたが、

24 くにたみは、アモンおうてきして徒党ととうむすんだものをことごとくころした。そしてくにたみはアモンのヨシヤをおうとしてアモンにかわらせた。

25 アモンのその事績じせきは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

26 アモンはウザのそのにあるはかほうむられ、そのヨシヤがかわっておうとなった。