列王紀下14
戻る 次へ

第14章

1 イスラエルのおうエホアハズのヨアシのだいねんに、ユダのおうヨアシのアマジヤがおうとなった。

2 かれおうとなったとき二十五さいで、二十九ねんあいだエルサレムでおさめた。そのはははエルサレムの出身しゅっしんで、をエホアダンといった。

3 アマジヤはしゅにかなうことをおこなったが、先祖せんぞダビデのようではなかった。かれはすべてのことちちヨアシがおこなったようにおこなった。

4 ただしたかところのぞかなかったので、たみはなおそのたかところ犠牲ぎせいをささげ、こうをたいた。

5 かれくにかれのうちにつよくなったときちちヨアシおう殺害さつがいした家来けらいたちをころしたが、

6 その殺害者さつがいしゃ子供こどもたちはころさなかった。これはモーセの律法りっぽうしょにしるされているところしたがったのであって、そこにしゅめいじて「ちちのゆえにころさるべきではない。ちちのゆえにころさるべきではない。おのおの自分じぶんつみのゆえにころさるべきである」とわれている。

7 アマジヤはまたしおたにでエドムびと一万にんころした。またセラをって、そのをヨクテルとづけたが、今日こんにちまでそのとおりである。

8 そこでアマジヤがエヒウのエホアハズのであるイスラエルのおうヨアシに使者ししゃをつかわして、「さあ、われわれはたがいかおわせよう」とわせたので、

9 イスラエルのおうヨアシはユダのおうアマジヤにおくった、「かつてレバノンのいばらがレバノンの香柏こうはくに、『あなたのむすめをわたしのむすこのつまにください』とおくったことがあったが、レバノンの野獣やじゅうがとおって、そのいばらをたおした。

10 あなたはおおいにエドムをって、こころにたかぶっているが、その栄誉えいよ満足まんぞくしていえにとどまりなさい。なにゆえ、あなたはわざわいをひきおこして、自分じぶんもユダもともほろびるようなことをするのですか」。

11 しかしアマジヤがきいれなかったので、イスラエルのおうヨアシはのぼってきた。そこでかれとユダのおうアマジヤはユダのベテシメシでたがいかおをあわせたが、

12 ユダはイスラエルにやぶられて、おのおのその天幕てんまくかえった。

13 イスラエルのおうヨアシはアハジヤのヨアシのであるユダのおうアマジヤをベテシメシでとらえ、エルサレムにきて、エルサレムの城壁じょうへきをエフライムのもんからすみもんまで、おおよそ四百キュビトにわたってこわし、

14 またしゅみやおういえくらにある金銀きんぎんおよびもろもろのうつわをことごとくり、かつ人質ひとじちをとってサマリヤにかえった。

15 ヨアシのその事績じせきと、その武勇ぶゆうおよびかれがユダのおうアマジヤとたたかったことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

16 ヨアシはその先祖せんぞたちとともねむって、イスラエルのおうたちとともにサマリヤにほうむられ、そのヤラベアムがかわっておうとなった。

17 ヨアシのであるユダのおうアマジヤは、エホアハズのであるイスラエルのおうヨアシがんでのち、なお十五ねんきながらえた。

18 アマジヤのその事績じせきは、ユダのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

19 とき人々ひとびとがエルサレムで徒党ととうむすび、かれ敵対てきたいしたので、かれはラキシにげていったが、その人々ひとびとはラキシにひとをつかわしてかれをそこでころさせた。

20 人々ひとびとかれうませてはこんできて、エルサレムでかれ先祖せんぞたちとともにダビデのまちほうむった。

21 そしてユダのたみみなアザリヤをちちアマジヤのかわりにおうとした。ときねん十六さいであった。

22 かれはエラテのまちてて、これをユダに復帰ふっきさせた。これはかのおうがその先祖せんぞたちとともねむったのちであった。

23 ユダのおうヨアシのアマジヤのだい十五ねんに、イスラエルのおうヨアシのヤラべアムがサマリヤでおうとなって四十一ねんあいだおさめた。

24 かれしゅまえあくおこない、イスラエルにつみおかさせたネバテのヤラベアムのつみはなれなかった。

25 かれはハマテの入口いりぐちからアラバのうみまで、イスラエルの領域りょういき回復かいふくした。イスラエルのかみしゅがガテヘペルのアミッタイのである、そのしもべ預言者よげんしゃヨナによってわれた言葉ことばのとおりである。

26 しゅはイスラエルのなやみの非常ひじょうはげしいのをられた。そこにはつながれたものも、自由じゆうものもいなくなり、またイスラエルをたすけるものもいなかった。

27 しかししゅはイスラエルのあめしたからろうとはわれなかった。そしてかれらをヨアシのヤラベアムのによってすくわれた。

28 ヤラベアムのその事績じせきと、かれがしたすべてのことおよびその武勇ぶゆう、すなわちかれ戦争せんそうをしたことおよび、かつてユダにぞくしていたダマスコとハマテを、イスラエルに復帰ふっきさせたことは、イスラエルのおう歴代志れきだいししょにしるされているではないか。

29 ヤラベアムはその先祖せんぞであるイスラエルのおうたちとともねむって、そのゼカリヤがかわっておうとなった。