列王紀下9
戻る 次へ

第9章

1 とき預言者よげんしゃエリシャは預言者よげんしゃのともがらのひとりをんでった、「こしをひきからげ、このあぶらのびんをたずさえて、ラモテ・ギレアデへきなさい。

2 そこにいたならば、ニムシのヨシャパテのであるエヒウをたずし、うちにはいってかれをその同僚どうりょうたちのうちからたせて、おくあいだれてき、

3 あぶらのびんをって、そのあたまそそぎ、『しゅはこうおおせられる、わたしはあなたにあぶらそそいでイスラエルのおうとする』とい、そしてをあけてりなさい。とどまってはならない」。

4 そこで預言者よげんしゃであるその若者わかものはラモテ・ギレアデへったが、

5 ると、軍勢ぐんぜいちょうたちが会議かいぎちゅうであったので、かれは「将軍しょうぐんよ、わたしはあなたにもうしあげることがあります」とうと、エヒウがこたえて、「われわれすべてのうちの、だれにですか」とったので、かれは「将軍しょうぐんよ、あなたにです」とった。

6 するとエヒウがちあがっていえにはいったので、若者わかものはそのあたまあぶらそそいでかれった、「イスラエルのかみしゅはこうおおせられます、『わたしはあなたにあぶらそそいで、しゅたみイスラエルのおうとする。

7 あなたは主君しゅくんアハブのいえほろぼさなければならない。それによってわたしは、わたしのしもべである預言者よげんしゃたちのと、しゅのすべてのしもべたちのをイゼベルにむくいる。

8 アハブの全家ぜんかほろびるであろう。アハブにぞくするおとこは、イスラエルにいて、つながれたものも、自由じゆうものも、ことごとくわたしはち、

9 アハブのいえをネバテのヤラベアムのようにし、アヒヤのバアシャのいえのようにする。

10 いぬがイズレルの地域ちいきでイゼベルをい、彼女かのじょほうむものはないであろう』」。そしてかれをあけてった。

11 やがてエヒウが主君しゅくん家来けらいたちのところると、かれらはエヒウにった、「かわったことはありませんか。あの気違きちがいは、なんのためにあなたのところにきたのですか」。エヒウはかれらにった、「あなたがたは、あのひとっています。またそのことっています」。

12 かれらはった、「それはちがいます。どうぞわれわれにはなしてください」。そこでエヒウはった、「かれはこうこう、わたしにげていました、『しゅはこうおおせられる、わたしはあなたにあぶらそそいで、イスラエルのおうとする』」。

13 するとかれらはいそいで、おのおの衣服いふくをとり、それを階段かいだんうえのエヒウのしたき、ラッパをいて「エヒウはおうである」とった。

14 こうしてニムシのであるヨシャパテのエヒウはヨラムにそむいた。(ヨラムはイスラエルをことごとくひきいて、ラモテ・ギレアデでスリヤのおうハザエルをふせいだが、

15 ヨラムおうはスリヤのおうハザエルとたたかったときに、スリヤびとにわされたきずをいやすため、エズレルにかえっていた。)エヒウはった、「もしこれがあなたがたの本心ほんしんであるならば、ひとりもこのまちからしのて、これをエズレルにげてはならない」。

16 そしてエヒウはくるまってエズレルへった。ヨラムがそこにしていたからである。またユダのおうアハジヤはヨラムを見舞みまうためにくだっていた。

17 さてエズレルのやぐらに、ひとりの物見ものみっていたが、エヒウの群衆ぐんしゅうるのをて、「群衆ぐんしゅうえる」とったので、ヨラムはった、「ひとりをうませてつかわし、それにわせて『平安へいあんですか』とわせなさい」。

18 そこでひとりがうまってき、かれってった、「おうはこうおおせられます、『平安へいあんですか』」。エヒウった、「あなたは平安へいあんとなんの関係かんけいがありますか。わたしのあとについてきなさい」。物見ものみはまたげてった、「使者ししゃかれらのところきましたが、かえってきません」。

19 そこでふたたひとうまでつかわしたので、かれらのところってった、「おうはこうおおせられます、『平安へいあんですか』」。エヒウはこたえてった、「あなたは平安へいあんとなんの関係かんけいがありますか。わたしのあとについてきなさい」。

20 物見ものみはまたげてった、「かれも、かれらのところきましたがかえってきません。あのくるま操縦そうじゅうはニムシのエヒウの操縦そうじゅうするのにて、猛烈もうれついきおいで操縦そうじゅうしてます」。

21 そこでヨラムが「くるま用意よういせよ」とったので、くるま用意よういすると、イスラエルのおうヨラムと、ユダのおうアハジヤは、おのおのそのくるまった。すなわちエヒウにうためにていって、エズレルびとナボテの地所じしょかれった。

22 ヨラムはエヒウをった、「エヒウよ、平安へいあんですか」。エヒウはこたえた、「あなたのははイゼベルの姦淫かんいん魔術まじゅつとが、こんなにおおいのに、どうして平安へいあんでありえましょうか」。

23 そのときヨラムはくるまをめぐらしてげ、アハジヤにむかって、「アハジヤよ、反逆はんぎゃくです」とうと、

24 エヒウはゆみをひきしぼって、ヨラムのりょうかたあいだたので、かれ心臓しんぞうつらぬき、かれくるまなかたおれた。

25 エヒウはその副官ふくかんビデカルにった、「かれりあげて、エズレルびとナボテのはたけてなさい。かつて、わたしとあなたと、ふたりともって、かれちちアハブにしたがったとき、しゅかれについて、この預言よげんをされたことを記憶きおくしなさい。

26 すなわちしゅわれた、『まことに、わたしはきのうナボテのと、そのらのた』。またしゅわれた、『わたしはこの地所じしょであなたに報復ほうふくする』と。それゆえかれりあげて、その地所じしょげすて、しゅ言葉ことばのようにしなさい」。

27 ユダのおうアハジヤはこれをてベテハガンのほうげたが、エヒウはそのあとをい、「かれをもて」とったので、イブレアムのほとりのグルのさかくるまなかかれった。かれはメギドまでげていって、そこでんだ。

28 その家来けらいたちはかれくるませてエルサレムにはこび、ダビデのまちかれはかにその先祖せんぞたちとともほうむった。

29 アハブのヨラムのだい十一ねんにアハジヤはユダのおうとなったのである。

30 エヒウがエズレルにきたとき、イゼベルはそれをいて、そのり、かみかざってまどからのぞたが、

31 エヒウがもんにはいってきたので、「主君しゅくんころしたジムリよ、無事ぶじですか」とった。

32 するとエヒウはかおをあげてまどにむかい、「だれか、わたしに味方みかたするものがあるか。だれかあるか」とうと、二、三にん宦官かんがんがエヒウをのぞたので、

33 エヒウは「彼女かのじょおとせ」とった。かれらは彼女かのじょおとしたので、そのかべうまとにはねかかった。そしてうま彼女かのじょみつけた。

34 エヒウはうちにはいってみし、そしてった、「あののろわれたおんな彼女かのじょほうむりなさい。彼女かのじょおうむすめなのだ」。

35 しかしかれらが彼女かのじょほうむろうとしてってると、頭蓋骨ずがいこつと、あしと、たなごころのほかなにもなかったので、

36 かえって、かれげると、かれった、「これはしゅが、そのしもべ、テシベびとエリヤによっておげになった言葉ことばである。すなわち『エズレルのいぬがイゼベルのにくうであろう。

37 イゼベルの死体したいはエズレルので、糞土ふんどのようにのおもてにてられて、だれも、これはイゼベルだ、とうことができないであろう』」。