聖典
詩篇132
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第132篇

みやこもうでのうた

1 しゅよ、ダビデのために、そのもろもろの辛苦しんくをみこころにとめてください。

2 ダビデはしゅちかい、ヤコブの全能者ぜんのうしゃちかいをてていました、

3, 4, 5 「わたしはしゅのためにところさがし、ヤコブの全能者ぜんのうしゃのためにすまいをもとるまでは、わがいえらず、わが寝台しんだいのぼらず、わがねむりをあたえず、わがまぶたにまどろみをあたえません」。

6 よ、われらはエフラタでそれをき、ヤアルのでそれをとめた。

7 「われらはそのすまいへって、そのあしだいのもとにひれそう」。

8 しゅよ、きて、あなたのちからのはことともに、あなたの安息所あんそくじょにおはいりください。

9 あなたの祭司さいしたちにをまとわせ、あなたの聖徒せいとたちによろこばわらせてください。

10 あなたのしもべダビデのために、あなたのあぶらそそがれたものかおを、しりぞけないでください。

11 しゅはまことをもってダビデにちかわれたので、それにそむくことはない。すなわちわれた、「わたしはあなたのからのひとりを、あなたのくらいにつかせる。

12 もしあなたのらがわたしのおしえる契約けいやくと、あかしとをまもるならば、そのらもまた、とこしえにあなたのくらいするであろう」。

13 しゅはシオンをえらび、それをご自分じぶんのすみかにしようとのぞんでわれた、

14 「これはとこしえにわが安息所あんそくじょである。わたしはこれをのぞんだゆえ、ここにむ。

15 わたしはシオンの糧食りょうしょくゆたかに祝福しゅくふくし、食物しょくもつをもってそのまずしいものかせる。

16 またわたしはその祭司さいしたちにすくいせる。その聖徒せいとたちはこえたからかによろこばわるであろう。

17 わたしはダビデのためにそこに一つのつのをはえさせる。わたしはわがあぶらそそがれたもののために一つのともしびをそなえた。

18 わたしはかれてきはじせる。しかしかれうえにはそのかんむりかがやくであろう」。