聖典
詩篇140
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第140篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 しゅよ、しき人々ひとびとからわたしをたすし、わたしをまもって、乱暴らんぼう人々ひとびとからのがれさせてください。

2 かれらはこころのうちにわることをはかり、えずたたかいをおこします。

3 かれらはへびのようにおのがしたするどくし、そのくちびるのしたにはまむしのどくがあります。〔セラ

4 しゅよ、わたしをたもって、しきひとからのがれさせ、わたしをまもって、わがあしをつまずかせようとする乱暴らんぼう人々ひとびとからのがれさせてください。

5 たかぶるものはわたしのためにわなをせ、つなをもってあみり、みちのほとりにわなをもうけました。〔セラ

6 わたしはしゅいます、「あなたはわがかみです。しゅよ、わがねがいのこえみみかたむけてください。

7 わがすくいちからしゅなるかみよ、あなたはたたかいのに、わがこうべをおおわれました。

8 しゅよ、しきひとねがいをゆるさないでください。そのしき計画けいかくをとげさせないでください。〔セラ

9 わたしをかこものがそのこうべをあげるとき、そのくちびるの害悪がいあくかれらをおおってください。

10 えるすみかれらのうえおとしてください。かれらをあなれ、ふたたがることのできないようにしてください。

11 悪口わるぐちものたせないでください。乱暴らんぼうひとをすみやかにわざわいとらえさせてください」。

12 わたしはしゅくるしむものうったえをたすけ、まずしいもののためにただしいさばきをおこなわれることをっています。

13 ただしいひとかならずみ感謝かんしゃし、なおひとはみまえむでしょう。