聖典
    詩篇105
    脚注
    Theme

    第105篇

    1 しゅ感謝かんしゃし、そのみび、そのみわざをもろもろのたみのなかにらせよ。

    2 しゅにむかってうたえ、しゅをほめうたえ、そのすべてのくすしきみわざをかたれ。

    3 そのせいなるみほこれ。しゅたずもとめるものこころよろこばせよ。

    4 しゅとそのみちからとをもとめよ、つねにそのみかおたずねよ。

    5, 6 そのしもべアブラハムの子孫しそんよ、そのえらばれたものであるヤコブのらよ、しゅのなされたくすしきみわざと、その奇跡きせきと、そのみくちのさばきとをこころにとめよ。

    7 かれはわれらのかみしゅでいらせられる。そのさばきはぜんにある。

    8 しゅはとこしえに、その契約けいやくをみこころにとめられる。これはよろずめいじられたみ言葉ことばであって、

    9 アブラハムとむすばれた契約けいやく、イサクにちかわれた約束やくそくである。

    10 しゅはこれをかたてて、ヤコブのためにさだめとし、イスラエルのために、とこしえの契約けいやくとして

    11 われた、「わたしはあなたにカナンのあたえて、あなたがたのけるぎょうまえとする」と。

    12 このときかれらのかずすくなくて、かぞえるにらず、そのところたびびととなり、

    13 このくにからかのくにき、このくにからたみった。

    14 しゅひとかれらをしえたげるのをゆるさず、かれらのためにおうたちをこらしめて、

    15 われた、「わがあぶらそそがれたものたちにさわってはならない、わが預言者よげんしゃたちにがいくわえてはならない」と。

    16 しゅはききんをまねき、ひとのつえとするパンをことごとくくだかれた。

    17 またかれらのまえにひとりをつかわされた。すなわちられて奴隷どれいとなったヨセフである。

    18 かれあしあしかせをもっていためられ、かれくびてつ首輪くびわにはめられ、

    19 かれ言葉ことばときまで、しゅのみ言葉ことばかれこころみた。

    20 おうひとをつかわしてかれはなち、たみのつかさはかれ自由じゆうあたえた。

    21 おうはそのいえのつかさとしてその所有しょゆうをことごとくつかさどらせ、

    22 そのこころのままにきみたちをおしえさせ、長老ちょうろうたちに知恵ちえさづけさせた。

    23 そのときイスラエルはエジプトにきたり、ヤコブはハムの寄留きりゅうした。

    24 しゅはそのたみおおいにくわえ、これをそのあだよりもつよくされた。

    25 しゅ人々ひとびとこころをかえて、そのたみにくませ、そのしもべたちを悪賢わるがしこあつかわせられた。

    26 しゅはそのしもべモーセと、そのおえらびになったアロンとをつかわされた。

    27 かれらはハムのしゅのしるしと、奇跡きせきとをかれらのうちにおこなった。

    28 しゅくらやみをつかわしてくらくされた。しかしかれらはそのみ言葉ことばしたがわなかった。

    29 しゅかれらのみずかわらせて、そのうおころされた。

    30 かれらのくにには、かえるがむらがり、おう寝間ねまにまではいった。

    31 しゅわれると、はえのれがきたり、ぶよがくにじゅうにあった。

    32 しゅあめにかえて、ひょうをかれらにあたえ、きらめくいなずまをかれらのくにはなたれた。

    33 しゅかれらのぶどうのと、いちじくのとをち、かれらのくにのもろもろのくだかれた。

    34 しゅわれると、いなごがきたり、無数むすうわかいいなごがて、

    35 かれらのくにのすべての青物あおものいつくし、そのいつくした。

    36 しゅかれらのくにのすべてのういごをち、かれらのすべてのちからはじめをたれた。

    37 そして金銀きんぎんたずさえてイスラエルをかせられた。その部族ぶぞくのうちに、ひとりのたおれるものもなかった。

    38 エジプトはかれらのるのをよろこんだ。かれらにたいするおそれがかれらにのぞんだからである。

    39 しゅくもをひろげておおいとし、よるをもっててらされた。

    40 またかれらのもとめによって、うずらをびきたらせ、てんから、かてをゆたかにかれらにあたえられた。

    41 しゅいわひらかれると、みずがほとばしりて、かわいたかわのようにながれた。

    42 これはしゅがそのせいなる約束やくそくと、そのしもべアブラハムをおぼえられたからである。

    43 こうしてしゅはそのたみみちびいてよろこびつつかせ、そのえらばれたたみみちびいてうたいつつかせられた。

    44 しゅはもろもろのくにびとのかれらにあたえられたので、かれらはもろもろのたみ勤労きんろう自分じぶんのものとした。

    45 これはかれらがしゅさだめをまもり、そのおきてをおこなうためである。しゅをほめたたえよ。