聖典
詩篇53
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第53篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってマハラテのしらべにあわせてうたわせたダビデのマスキールのうた

1 おろかなものこころのうちに「かみはない」とう。かれらはくされはて、にくむべき不義ふぎをおこなった。ぜんおこなものはない。

2 かみてんからひとおろして、かしこものかみたずもとめるものがあるかないかをられた。

3 かれらはみなそむき、みなひとしく堕落だらくした。ぜんおこなものはない、ひとりもない。

4 あくおこなものさとりがないのか。かれらはものうようにわがたみらい、またかみぶことをしない。

5 かれらはおそるべきことのないときおおいにおそれた。かみはよこしまなものほねらされるからである。かみかれらをてられるので、かれらははじをこうむるであろう。

6 どうか、シオンからイスラエルのすくいるように。かみがそのたみ繁栄はんえい回復かいふくされるとき、ヤコブはよろこび、イスラエルはたのしむであろう。