聖典
    詩篇37
    脚注
    Theme

    第37篇

    ダビデのうた

    1 あくをなすもののゆえに、こころなやますな。不義ふぎおこなもののゆえに、ねたみをおこすな。

    2 かれらはやがてくさのようにおとろえ、青菜あおなのようにしおれるからである。

    3 しゅ信頼しんらいしてぜんおこなえ。そうすればあなたはこのくにんで、やすきをる。

    4 しゅによってよろこびをなせ。しゅはあなたのこころねがいをかなえられる。

    5 あなたのみちしゅにゆだねよ。しゅ信頼しんらいせよ、しゅはそれをなしとげ、

    6 あなたのひかりのようにあきらかにし、あなたのただしいことを真昼まひるのようにあきらかにされる。

    7 しゅまえにもだし、しのびてしゅのぞめ。おのがみちあゆんでさかえるもののゆえに、わるいはかりごとをげるひとのゆえに、こころなやますな。

    8 いかりをやめ、いきどおりをてよ。こころなやますな、これはただあくおこなうにいたるのみだ。

    9 あくおこなものほろぼされ、しゅのぞものくにぐからである。

    10 しきものはただしばらくで、うせる。あなたはかれところをつぶさにたずねてもかれはいない。

    11 しかし柔和にゅうわものくにぎ、ゆたかな繁栄はんえいをたのしむことができる。

    12 しきものただしいものにむかってはかりごとをめぐらし、これにむかってがみする。

    13 しかししゅしきものわらわれる、かれるのをられるからである。

    14 しきものはつるぎをき、ゆみって、まずしいものとぼしいものとをたおし、なおあゆものころそうとする。

    15 しかしそのつるぎはおのがむねし、そのゆみられる。

    16 ただしいひとものすくないのは、おおくのしきのものゆたかなのにまさる。

    17 しきものうでられるが、しゅただしいものたすけささえられるからである。

    18 しゅまったもののもろもろのられる。かれらのぎょうはとこしえにつづく。

    19 かれらはわざわいときにもはじをこうむらず、ききんのにもりる。

    20 しかし、しきものほろび、しゅてき牧場まきばさかえのれるようにえ、けむりのようにえうせる。

    21 しきものものりてかえすことをしない。しかしただしいひと寛大かんだいで、ほどこあたえる。

    22 しゅ祝福しゅくふくされたものくにぎ、しゅにのろわれたものほろぼされる。

    23 ひとあゆみはしゅによってさだめられる。しゅはそのみちよろこばれる。

    24 たといそのひとたおれても、まったせられることはない、しゅがそのたすけささえられるからである。

    25 わたしは、むかしとしわかかったときも、年老としおいたいまも、ただしいひとてられ、あるいはその子孫しそん食物しょくもついあるくのをたことがない。

    26 ただしいひとつね寛大かんだいで、ものあたえ、その子孫しそん祝福しゅくふくる。

    27 あくをさけて、ぜんおこなえ。そうすれば、あなたはとこしえにむことができる。

    28 しゅ公義こうぎあいし、その聖徒せいと見捨みすてられないからである。ただしいものはとこしえにたすまもられる。しかし、しきもの子孫しそんほろぼされる。

    29 ただしいものくにぎ、とこしえにそのなかむことができる。

    30 ただしいものくち知恵ちえかたり、そのした公義こうぎべる。

    31 そのこころにはかみのおきてがあり、そのあゆみはすべることがない。

    32 しきものただしいひとをうかがい、これをころそうとはかる。

    33 しゅただしいひとしきものにゆだねられない、またさばかれるとき、これをつみさだめられることはない。

    34 しゅのぞめ、そのみちまもれ。そうすれば、しゅはあなたをげて、くにがせられる。あなたはしきものほろぼされるのをるであろう。

    35 わたしはしきものほこって、レバノンの香柏こうはくのようにそびえたつのをた。

    36 しかし、わたしがとおぎると、よ、かれはいなかった。わたしはかれたずねたけれどもつからなかった。

    37 まったひとをそそぎ、なおひとよ。おだやかなひとには子孫しそんがある。

    38 しかしつみおかものどもはともほろぼされ、しきもの子孫しそんたれる。

    39 ただしいひとすくいしゅからる。しゅかれらのなやみのときどころである。

    40 しゅかれらをたすけ、かれらをはなち、かれらをしきものどもからはなってすくわれる。かれらはしゅたのむからである。