聖典
詩篇56
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第56篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによって、「とおところにおるおとをたてぬはと」のしらべにあわせてうたわせたダビデのミクタムのうた。これはダビデがガテでペリシテびとにとらえられたときによんだもの

1 かみよ、どうかわたしをあわれんでください。人々ひとびとがわたしをみつけ、あだする人々ひとびとがひねもすわたしをしえたげます。

2 わたしのてきはひねもすわたしをみつけ、ほこりたかぶって、わたしとたたかものおおいのです。

3 わたしがおそれるときは、あなたにたのみます。

4 わたしはかみによって、そのみ言葉ことばをほめたたえます。わたしはかみ信頼しんらいするゆえ、おそれることはありません。にくなるものはわたしになにをなしましょうか。

5 かれらはひねもすわたしのこと妨害ぼうがいし、そのおもいはことごとくわたしにわざわいします。

6 かれらはともあつまってをひそめ、わたしのあゆみにをとめ、わたしのいのちをうかがいもとめます。

7 かみよ、かれらにそのつみむくい、いきどおりをもってもろもろのたみたおしてください。

8 あなたはわたしのさすらいをかぞえられました。わたしのなみだをあなたのかわぶくろにたくわえてください。これはみなあなたのしょにしるされているではありませんか。

9 わたしがもとめるに、わたしのてき退しりぞきます。これによってかみがわたしをまもられることをります。

10 わたしはかみによってそのみ言葉ことばをほめたたえ、しゅによってそのみ言葉ことばをほめたたえます。

11 わたしはかみ信頼しんらいするゆえ、おそれることはありません。ひとはわたしになにをなしましょうか。

12 かみよ、わたしがあなたにてたちかいははたさなければなりません。わたしは感謝かんしゃそなものをあなたにささげます。

13 あなたはわたしのたましいからすくい、わたしのあしまもってたおれることなく、いのちのひかりのうちでかみまえにわたしをあゆませられたからです。