聖典
詩篇109
脚注

Hide Footnotes

テーマ

第109篇

聖歌せいかたい指揮者しきしゃによってうたわせたダビデのうた

1 わたしのほめたたえるかみよ、もださないでください。

2 かれらはしきくちあざむきのくちをあけて、わたしにむかい、いつわりのしたをもってわたしにかたり、

3 うらみの言葉ことばをもってわたしをかこみ、ゆえなくわたしをめるのです。

4 かれらはわがあいにむくいて、わたしを非難ひなんします。しかしわたしはかれらのためにいのります。

5 かれらはあくをもってわがぜんむくい、うらみをもってわがあいむくいるのです。

6 かれうえしきひとて、うったえるものかれうったえさせてください。

7 かれがさばかれるとき、かれつみあるものとし、そのいのりつみえてください。

8 そのすくなくし、その財産ざいさんをほかのひとにとらせ、

9 そのらをみなしごにし、そのつまをやもめにしてください。

10 そのらを放浪者ほうろうしゃとしてほどこしをこわせ、そのれたすまいからさせてください。

11 かれっているすべてのものさいしゅうばわせ、その勤労きんろうをほかのひとにかすめさせてください。

12 かれにいつくしみをほどこものはひとりもなく、またそのみなしごをあわれむものもなく、

13 その子孫しそんえさせ、そのつぎってください。

14 そのちちたちの不義ふぎしゅのみまえおぼえられ、そのははつみらないでください。

15 それらをつねしゅのみまえき、かれ記憶きおくからってください。

16 これはかれがいつくしみをほどこすことをおもわず、かえってまずしいものとぼしいものめ、こころいためるものころそうとしたからです。

17 かれはのろうことをこのんだ。のろいをかれのぞませてください。かれめぐむことをよろこばなかった。めぐみをかれからとおざけてください。

18 かれはのろいをころものようにた。のろいをみずのようにそのにしみこませ、あぶらのようにそのほねにしみこませてください。

19 またそれを自分じぶん着物きもののようにならせ、つねめるおびのようにならせてください。

20 これがわたしを非難ひなんするものと、わたしにさからってわるいことをものしゅからうけるむくいとしてください。

21 しかし、わがしゅなるかみよ、あなたはみのために、わたしをかえりみてください。あなたのいつくしみのふかきにより、わたしをおたすけください。

22 わたしはまずしく、かつとぼしいのです。わたしのこころはわがうちにきずついています。

23 わたしは夕日ゆうひかげのようにりゆき、いなごのようにはらわれます。

24 わたしのひざは断食だんじきによってよろめき、わたしのにくはやせおとろえ、

25 わたしはかれらにそしられるものとなりました。かれらはわたしをると、あたまります。

26 わがかみしゅよ、わたしをおたすけください。あなたのいつくしみにしたがって、わたしをおすくいください。

27 しゅよ、これがあなたのみのわざであること、あなたがそれをなされたことを、かれらにらせてください。

28 かれらはのろうけれども、あなたは祝福しゅくふくされます。わたしをめるものをはずかしめ、あなたのしもべをよろこばせてください。

29 わたしを非難ひなんするものにはずかしめをせ、おのがはじ上着うわぎのようにまとわせてください。

30 わたしはわがくちをもっておおいにしゅ感謝かんしゃし、おおくのひとのなかでしゅをほめたたえます。

31 しゅまずしいものみぎって、死罪しざいにさだめようとするものからかれすくわれるからです。