聖典
    詩篇50
    脚注
    Theme

    第50篇

    アサフのうた

    1 全能者ぜんのうしゃなるかみしゅみことのりして、るところからるところまであまねくものあつめられる。

    2 かみうるわしさのきわみであるシオンからひかりはなたれる。

    3 われらのかみて、もだされない。みまえにはきつくすがあり、そのまわりには、はげしい暴風ぼうふうがある。

    4 かみはそのたみをさばくために、うえなるてんおよびばわれる、

    5 「いけにえをもってわたしと契約けいやくむすんだわが聖徒せいとをわたしのもとにあつめよ」と。

    6 てんかみをあらわす、かみはみずから、さばきぬしだからである。〔セラ

    7 「わがたみよ、け、わたしはう。イスラエルよ、わたしはあなたにむかってあかしをなす。わたしはかみ、あなたのかみである。

    8 わたしがあなたをめるのは、あなたのいけにえのゆえではない。あなたの燔祭はんさいはいつもわたしのまえにある。

    9 わたしはあなたのいえから雄牛おうしらない。またあなたのおりからやぎをらない。

    10 はやしのすべてのけものはわたしのもの、おかうえ千々ちぢ家畜かちくもわたしのものである。

    11 わたしはそらとりをことごとくっている。うごくすべてのものはわたしのものである。

    12 たといわたしはえても、あなたにげない、世界せかいとそのなかちるものとはわたしのものだからである。

    13 わたしは雄牛おうしにくべ、やぎのむだろうか。

    14 感謝かんしゃのいけにえをかみにささげよ。あなたのちかいをいとたかものはたせ。

    15 なやみのにわたしをべ、わたしはあなたをたすけ、あなたはわたしをあがめるであろう」。

    16 しかしかみしきものわれる、「あなたはなんの権利けんりがあってわたしのさだめをべ、わたしの契約けいやくくちにするのか。

    17 あなたはおしえにくみ、わたしの言葉ことばった。

    18 あなたはぬすびとをればこれとむつみ、姦淫かんいんおこなものまじわる。

    19 あなたはそのくちあくにわたし、あなたのしたはたばかりを仕組しくむ。

    20 あなたはしてその兄弟きょうだいをそしり、自分じぶんははをののしる。

    21 あなたがこれらのことをしたのを、わたしがだまっていたので、あなたはわたしをまった自分じぶんとひとしいものおもった。しかしわたしはあなたをめ、あなたのまえにそのつみをならべる。

    22 かみわすれるものよ、このことをおもえ。さもないとわたしはあなたをかきく。そのときだれもたすけるものはないであろう。

    23 感謝かんしゃのいけにえをささげるものはわたしをあがめる。自分じぶんのおこないをつつしものにはわたしはかみすくいしめす」。